スポンサーサイト
[--/--/-- --:--] スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
この記事のURL
             
あいくるしい#7
[2005/05/23 17:11] ドラマ・テレビ
「あいくるしい」第7話 家族のチーム力

「一番悲しい人が、頑張っていると、それにつられてしまうものです。そういう人に、僕はなりたいです。」

お母さんのお葬式で、「家族を守る」と宣言したお父さんは朝から円陣を組んで家族に(自分に)エールを送る。

そんなある日、幌は学校で落とした紺のビー玉を、乱暴者と評判の羽生に拾われ、奪われてしまう。亡き母から託されたバトンは「虹色の戦士を集めること」という幌は、ビー玉を取り返そうとする。羽生の涙を偶然見た幌は、羽生の母が自分の母と同じ病気で手術を受けるということを聞き、羽生に自分のビー玉を渡し、「お百度参り」をする。他の戦士たちも幌の姿を見てそれぞれのビー玉を渡して一緒にやる。その場を立ち去る羽生。

一方みちる。大伴から淳一の存在を父にばらされて、「まだ自信がない。でも本当に好き」と話す。そんなみちるは、墓参りに行って会った政希に無理矢理キスされる。動揺したみちるは淳一を呼び出し、そして伝える。「真柴みちるはあなたのことが好きです」と。

その淳一は父にみちるに会ってほしいと言うが父はとりつくしまもない。その淳一の父に、「僕がついていながら」という政希にはいったいどんな思いがあるのだろう。

豪。「おしゃべりな女は嫌いだ」と言ったその目の先にほのかの乗った車。「無口な女、いるじゃん。」嬉しそう。恋愛フラグ立ったのか?

一方、豪は夕子から、竜一のことを聞く。豪は昔の竜一とよく似ていること、竜一はパンチドランカーであること。それを聞いた豪は、「俺があんたの未来になるから、ボクシングを教えてくれ」と頼み込む。「明日の朝早くに来い。びしびし鍛えてやる」そういって竜一は部屋に消える。喜ぶ豪とほのか。それを見て複雑そうな奈々。

さて、羽生の母の手術は成功する。羽生は最近、母と同じ病気で親を亡くした自分と同い年の子がいるのを看護婦から聞く。それが幌だった。それを知った羽生は大切に包んだビー玉を幌に返しに行く。幌は、そっと羽生に紺のビー玉を渡す。「君のだよ」と。6人目の虹色の戦士が誕生する。

さて、父、徹生。子どもたちには元気を出せと言っているが夜になると眠れずにいる。仕事も遅番にしてもらい、タクシーの助手席に妻、由美の写真を乗せて、運転しながら涙を流す。

そんなある日、客を乗せて着いた食堂に、自分も食事をしに入ったところで徹生は目を奪われる。食堂で働いていた女性、それは亡き妻、由美によく似た女性だった。


から元気を見せる徹生が痛々しい。そしてそれは子どもたちにも十分伝わっている。だから子どもたちは自分の道を真剣に生き始めている。だけどその道はそれぞれ楽なものとは言えない。幌は笑顔を忘れずに「かっこいい」生き方をして新しい友達を得る。「乱暴者」とみんなに恐れられている羽生にも「友だちになろう」と声をかけて。そして最後の戦士。次週に出てきそうな感じ。

豪は、竜一の心を動かす。「お願いします、教えてください!」と頭を下げたり土下座する姿は市原くんのウオーターボーイズの時のことを思い出した。あの時もしょっちゅう頭下げていたよね。

みちるの恋は、前途多難。母の言っていた「未婚の母」はどんな意味を持っているのだろう。淳一には婚約者がいる。もしかしたら???そして淳一と政希の関係、政希とみちるの関わりは?
それから原沢家。もうドロドロ。聖子はきついだろうね。徹生は、由美の面影をあの女性に求めるのか。こっちもいろいろありそうだね。それにしてもみんなあんまり暗くなって欲しくないなぁ。

今回は「母の死」という家族の絆と「あいくるしさ」を感じさせる1つの山場が終わってしまったあと、ちょっと気が抜けた感じがする。残っている問題は暗い話ばかりみたいで何となく「あいくるしい」というよりは「おもくるしい」感じのお話だった。

うーん、母の死、と言う出来事をあれだけ早く持ってくる意味がどこにあったのかな。5~6話があまりにも盛り上がって泣けたので、今回は中継ぎというか、一休みというか、新しい話の序章というか。あまりに強いインパクトのあとの回だったので散漫な感じを受けた。母を中心にまとまっていた家族がそれぞれに動き始めたからかな。うーん、これからの様子見ですね。

第6話感想  第5話感想  第4話感想  第3話感想


日曜劇場「あいくるしい」公式HP
スポンサーサイト
ドラマ・テレビ | トラックバック(4) | コメント(2)
この記事のURL
≪エンジン#6 ジャンプ25号&あるある≫
コメント
つれづれなる・・・日記?へのTBありがとうございます。
確かに重かった気はします。特にもりあがりもなく何もなく終わってしまった感がありますよね。
次回以降いい意味で盛り上がることを期待します。
これからもよろしくお願いいたします。
[2005/05/23 22:43] URL | k_kyj(きょう) [ 編集]
こんにちは(*^_^*)TBさせていただきます♪
由美が早くに亡くなってしまい、まさか今回ラストに由美似の園子が現れるとは思いませんでした(^^;)
徹生は恋をしてしまったのかな。
ラストに向けて、家族がそれぞれどうなっていくのか期待します。
[2005/05/25 13:32] URL | yuko [ 編集]
コメントの投稿














コマちゃんへの秘密のコメントにする

トラックバック
トラックバックURL
http://komacafe.blog6.fc2.com/tb.php/92-0d14e622
『あいくるしい』第7回短観
今回も短観で。今回は幌(神木隆之介くん)6人目の戦士の話が中心でした。「虹色の戦士」は次の話ではないかもしれませんが、最終的に7人そろうみたいですね。そろったらどうなるんだろう?改めて疑問。豪(市原隼人さん)は想定どおり、ボクシングを習うことに。でも、も
つれづれなる・・・日記?[2005/05/23 17:37]
あいくるしい:第7話
あぁ~!!みちるの唇奪いやがった~!!いくら田中君でも許しませんよ~!!笑てか田中君はいったい何を考えてるんでしょう?みちると小栗君を別れさせようと??逆に固い絆を結ばれた感じだったけど。小栗君と田中君の友情は深いですね~やっぱ昔なんかあったんでしょうね
Nの鼓動[2005/05/23 20:21]
あいくるしい
幌たちの前に突然現れた少年羽生実は羽生も病気のお母さんのために七色のビー玉を集めてると言う状況が幌と同じことを知って全員ビー玉を羽生に手渡し御百度参りを始める訳のわからない羽生はだまって見守るしかない羽生の母は助かったが同じ病気で亡くなった幌の母のこと...
AirCheckWeb![2005/05/23 23:14]
あいくるしい「家族のチーム力」第7話
虹色の戦士六人目がそろった~(*^_^*)!!幌はトイレで、虹色の戦士の象徴のビー玉を落としてしまいます!それを拾ったのが、運悪くガキ大将の羽生君(^^;)羽生君は「拾ったものは俺のもの(`)!!」と言って幌からビー玉を取り上げます!!おいおい!?羽生君の言っ
こころ日和[2005/05/25 13:29]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。