スポンサーサイト
[--/--/-- --:--] スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
この記事のURL
             
あいくるしい#5
[2005/05/09 15:39] ドラマ・テレビ
「あいくるしい」第5回。

言葉になりません。

「ああ、神様・・・なんて・・・あいくるしい」

眠っている唄に顔を寄せながら母がつぶやきます。
祭りの夜です。
幌は台所で一緒に飲むお茶のためにお湯を沸かし、豪は神社に一心に手を合わせて祈り、みちるは夜店の風車を見ては何かを思い、父は祭りの櫓の上で太鼓を一心に叩いています。

・・・・・・・

オープニングから母は時を惜しむように、一人一人の子どもを愛おしみ、思いを伝え、そして義父に愛する、また自分を愛してくれた徹生のことを託します。

母が戻ってきた真柴家は、本当に暖かいいい家族です。入院中、つまり前回まで何となくそれぞれの食い違っていた歯車を、母が見事にかみ合わせた感じです。

母の存在は大きいです。それは真柴家に限らず、どの家庭でも。
私も「母親」だから、その思いはいつも持っています。
そして、その母親を支える存在が、一人の人間として自分を見つめてくれる父親の存在。

義父に、「あの人が一番心配です」と言った母の言葉が痛いほどわかります。子どもたちはいずれ一人の人間として新しい道、新しい支えを求めて歩み出します。だけど、父親が母親を失ったら、互いに支え合い、理解し合う存在がなくなったら・・・本当に壊れてしまうでしょう。

「やさしい人になってね。傷つけられても、優しい人に。」
その時アップになる徹生の顔。あのお母さんとお父さんの間にもいろいろあったのでしょう。でも、その中で徹夫の優しさがきっとお母さんの由美をどんなにか支えてきたのでしょうね。

ほんの短い間に、母は精一杯の笑顔をみんなに残していきました。どんな思いだったのでしょう。もっともっと、伝えたいこと、見守ってやりたい思い、わき上がる愛情・・・。
どんなに痛かったことでしょう。体も、心も。でも、母は笑顔を絶やしませんでした。

いつもの喫茶店で、おじいちゃんを突き飛ばした二人の若者のように、人を愛おしむ気持を親から受け取っていない子供が増えています。以前は、おじいちゃんが言っていたように、そういう子供や若者は家族が足りなかったら周りが「叱って」「包んで」育てていました。今は、そういう愛情が足りません。「おまえ一人で生きているんじゃないんだ」と怒鳴りつけてくれる人も、優しく諭してくれる人も減りました。そして、笑顔の裏に隠れている辛いことに気づいて包んでくれる人も減りました。

そういう意味では、真柴家は幸せでした。何もかもが今まではそろっていた家庭でした。

その一部が欠けてしまったこれから・・・。どんな展開になるんでしょう。同じ母親として、家族を大切に愛おしむ立場として、今回の話は本当に辛くて切なくて・・・。でも大切なものをいっぱいもらった気がします。
スポンサーサイト
ドラマ・テレビ | トラックバック(5) | コメント(5)
この記事のURL
≪エンジン#4 ジャンプ23号と今日の1日≫
コメント
TB&コメントありがとうございました。

「あいくるしい」に関しましては 個人的に
野島批判を展開しておりますので どうか
笑って 生温く放置の方向で… 見逃して下さい^^;
[2005/05/09 20:36] URL | ブタネコ [ 編集]
再びこんばんは。
母親として見ていたせいか、涙が止まりませんでした。
とくにラストが。

子供達はもちろんだけど、夫を心配する妻。
徹生はどうなってしまうんでしょう。
いつになったら真柴家の笑顔が見られるのかな。
[2005/05/09 21:32] URL | ちーず [ 編集]
>ブタネコさん

いえいえ、批判も1つの見方だと思いますのでTBさせていただきました。
それぞれの立場や生きてきた環境などによって、ドラマの見方感じ方も千差万別かと思います。
なので、これからもTB送らせてください。

>ちーずさん

いつも丁寧にコメントまでいただいてありがとうございます。お人柄が伺われます。

母としてみたら、本当に涙がこらえられない展開ですよね。自分も今、もし子どもを残し、主人を残していかなくてはならなくなったら・・・身近に実際そういうお友達もいたのでなおさらです。早く真柴家に笑顔が戻りますように。
[2005/05/10 14:30] URL | コマちゃん [ 編集]
こちらからもTBさせていただきますね。よろしくお願いします。
 由美の最後にふさわしい、子供達との触れ合いでした。お祭りの演出も良かったですしね。
 それだけに今回はいつも以上に下ネタ&お下品な描写が多かったのが残念です。
 ほのかも加わり、次回はキャストの絡みが今以上に多くなりそうです。
 
[2005/05/11 15:53] URL | pixy_japan@気ままなNotes... [ 編集]
> pixy_japanさん

ほんとに涙なしでは見られない由美の姿でした。それにしても確かに、下ネタの多さは気になりますね~。あの「うんち!」「おしっこ云々」はだいぶ耳障りでした。
でも、これからどうなっていくのか気になりますね。
[2005/05/14 01:44] URL | コマちゃん [ 編集]
コメントの投稿














コマちゃんへの秘密のコメントにする

トラックバック
トラックバックURL
http://komacafe.blog6.fc2.com/tb.php/69-b8635b6e
『あいくるしい』第5回短観
よろしいんじゃないですか?過去5回の中では1番よろしかったのでは?やっと落ち着いてみれるようになりました。いつもどおり、下ネタも少しありましたが、この程度はOKでしょう。ネタばれ多数あり。いや、本当によくなったというより、本来のテーマにしっかり戻っていっ
つれづれなる・・・日記?[2005/05/09 17:35]
あいくるしい
ああ唄ちゃんかわいいねぇ☆今日は唄ちゃんの泣きで始まり、泣きで終わった。やっぱりお母さん死んでしまったのね。かなしいです。最後に頑張って子どもたちに伝えるべきこと伝えてましたね。もうほんとうに残りが少ないことわかってたのでしょう。だからおじいちゃんにも、
Nの鼓動[2005/05/09 17:56]
あいくるしい 第5話
綾瀬はるかのPV「あいくるしい 第5話」を見た。...
『ブタネコのトラウマ』 Blog版[2005/05/09 20:34]
あいくるしい 第5話 『家族最期の思い出』
沸騰するヤカン。 唄(松本梨菜)の泣き声。 起きてきた真柴徹生(竹中直人)は、長女・みちる(綾瀬はるか)に 妻・由美(原田美枝子)はどこかと尋ねる。 由美は、体調がいいからと、豪(市原隼人)と幌(神木隆之介)と 一緒に散歩にいったらしい。 「たまには、若い男子
どらま・のーと[2005/05/09 21:29]
【ドラマ雑感】日曜劇場『あいくるしい』(第5回/全11回)
 「たまには若い男子とデートがしたい」って、自宅療養中の由美(原田美枝子)は、真柴幌(神木隆之介)と豪(市原隼人)を連れて朝からデート、いや散歩だ。『ギュ』と抱きしめる由美に戸惑う幌と豪。幌はともかく、豪は微妙。いくら母親でも微妙~。 置いてけぼりをくらった唄(
気ままなNotes...[2005/05/11 15:49]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。