スポンサーサイト
[--/--/-- --:--] スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
この記事のURL
             
事実を知り、真実を見る事から「次」が始まる。
[2011/07/29 22:34] ニュース
原発の事故が次第に隠しきれない状況になりつつあった時に。
しかし、それでも国はまったく具体的な「わかりやすい説明」をしてこなかった。

原発の建物の爆発があって、誰の目にも「危機的状況」であったその時にも、「直ちに健康には影響がない」という言葉を繰り返すだけで、実際に何があって、そしてそれに対して各自の人間が具体的にどう動いたらいいのかを判断する材料になるものはまったく提示されなかった。

仕方なく避難地区を拡大していったその時にも、「混乱を招くから」というあくまでも消極的な理由からはっきりとしたことは一切告げられることがなかった。

だから、わからない。
何も、見えない。

そこから生まれてくるのはより大きな恐怖と不安。
そして不信感。

自分は今、どんなところに立って(たたされて)いるのか。そして、この先の道にはどんなことが待ち受けているのか。それが見えないことには、人は前に進めない。隠されたことからは何も見えず、進むための方策も対策も立てられない。

そんな当たり前なことが見えていない日本の政府がこの怒りを招いたのだろう。



真実・事実が見えることによってようやく「何を考え、この先どう動くべきなのか」が見えてくる。
それがわかっていた人たちにとっては、政局が混乱し、いまだに国会の中から何も発信されない政府の対応には怒りしか生まれないのだろう。現地では今でも原発の脅威に晒されている人たちがいる。その人たちの命や生活が、原発によって妨げられている。
その未来に対して、いまだに何も道を示すことができない、国。

児玉教授がくりかえし言う。
「子ども達のために、子ども達を守るために」。

「今」を手をこまねいてみているだけでは、「未来」など開けるはずがない。
未来を築く子ども達のために、私たちが「今」しなくてはいけないことはなんなのだろうか?

児玉教授の4つの提言について、国は真剣に、そして早急に、対応すべきだろう。
そして、児玉教授の提言や提示してくれた「事実」「真実」を元に、今の社会を動かしている私たち大人ができる事はなんなのか?それを真剣に、本気で考えていきたいとそう思う。

まず、今の私にできる事は、この「事実」を少しでも多くの人たちに「拡げて伝える」事だと思うから……だから、このブログに書いて伝えよう。そしてここからどうしたらいいのかを……一緒に考える人たちとつながろう。
スポンサーサイト
ニュース | トラックバック(0) | コメント(0)
この記事のURL
≪なぜ、これをメディアは取り上げないのか? 復興支援には笑顔が似合う。≫
コメント
コメントの投稿














コマちゃんへの秘密のコメントにする

トラックバック
トラックバックURL
http://komacafe.blog6.fc2.com/tb.php/632-d35121bb
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。