スポンサーサイト
[--/--/-- --:--] スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
この記事のURL
             
学校は、「あこがれの場所」であるべきだ。
[2011/05/26 20:26] ひとりごと
Facebookで最近「知り合いかも?」で紹介されるお友達や新しく参加したお友達がどんどん増えて来たのだけど、今日ふと思ったことが、「先生でこういうところにいる人は少ないなぁ~」ということ。

まだネットが今のように普及してなかった頃は、パソコン通信だった。その頃パソコンというとめちゃくちゃ高価でようやくワープロが出始めた頃で、その頃教師でワープロ使っている人なんてほとんどいなかった。

そんな中でワープロどころかパソコンいじっている私は、学校の先生の中では異端だった。まして、パソコン通信で学校の外の人と交流していたなんて、まわりの先生に話しても会話が通じなかった。

まぁ、その頃は、パソコン通信の仲間にも「長野県」の人は少なかったから仕方なかったけれど、学校はまだまだパソコンなんて雲の上のことだった。ふる~いDOSマシンが1台あればまだいい方だった。

だからMac使いの私だけど「パソコン使える」ってだけでパソコン主任になってDOSマシンまで管理させられることになってしまったのだけど。

……けれど、その状態は、ネットが次第に普及し始めてパソコン通信からどんどんインターネットがさくさくつながるようになっても、まったく変わることはなかった。つまり、学校ではいつまでたってもパソコンの普及率が低くて、何よりも先生で使える人がほとんどいない、というのが現状だった。だから私はいつまでたってもどの学校に行っても「パソコン主任」からはずしてもらえなかった。

……学校のパソコン主任って、要はパソコンに関しての体のいい「雑用係」なのだ。
パソコンの調子が悪いと、「先生、来てみて!」
文書作っていて書式設定などわからないと「先生、ここ教えて!」
挙げ句の果ては、ネットにつなぐ設定まで(それも個人のパソコン)全部頼まれる。

……先生たちって、以外と自分じゃ勉強しないんだな、これが。

自分の教科や生徒指導以外のことについては忙しいんだかなんだかわからないけど本読んでみようともしない。わからない事は出来る人に聞けばいい……そんな感じで、パソコンについてのことやネットについてのことは「わかりませ~ん」っていう言葉が平気でまかり通る世界だった。

つまりは、「パソコンわかります」って人にみんな「おまかせ」なのだ。
普通、会社だったら外部の専門業者に発注するはずの校内LANの配線から導入機器の選定、設定までみんなやったのだ……私は。
(外部に発注する予算削減、という名目もあるけど……明らかにこれ、職務外のこと)

そういう「専門外のことはわかりませ~ん」っていうのが当たり前の学校の世界では、インターネットもウェブサーフィンとか調べ物とか、そんな感じであって……こういうSNSや掲示板などのような「ソーシャルスペース」で人と交流しようなどと言う人はほとんど見かけなかった。

これは、正直、考え物だなぁ、と思う。

だって、「学校」っていう世界はとても独特な世界。
先生と生徒……立場が対等じゃないんだ。その中で、おとなである先生たちは絶対権力持っているんだ。おまけに公務員だから外部との交流はほとんど無い。せいぜいとうちゃんかあちゃんたちが異業種で、それ以外と交流しなくてもやっていける。

結果、世界が狭くなる。そして、下手をすると視野が狭くなっていく。

学校って。
先生って。

子ども達にとって初めて接する外の「社会」で「おとな」だよね。

その接する世界が狭かったら、子ども達はどうやって視野を広げればいいのだろう?

学校は、かつては「文化の最先端」だった。
今はピアノなんて珍しくないけれど、ピアノを持っている家が少ない頃に、学校には必ず1台グランドピアノが置いてあった。
本も、実験道具も、何もかもが「学校じゃなくちゃ触れられないもの」だった。

だから、子ども達は学校にあこがれる。
未知の世界を知りたくなる。
学ぶことに夢を持つ。

なのに、今はどうだろう?
こんなネット社会の中で、学校の実態といったらほんの3年ほど前までこんな感じだった。
今でも、生徒が一番先端のパソコンを授業で満足に扱える状態の学校などはかなり限られているのではないだろうか?

……各家庭の方がよっぽど進んでいるのだ。

そして、先生たちはパソコンの扱いでは相当遅れている。
こうしてソーシャルスペースを活用して視野を広げたり友人を増やして世界を拡げたりする人がほとんど居ない……。

子ども達が、学校に「あこがれ」を持つことができるだろうか……という問いに対しての答えは明白なのだ。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

ほんとにねぇ。
もっとこういう場所で「先生」がでてきていろいろ活動すればいいのにね。
学校が外とつながれる場所はとても少ないから、ネットをもっともっと活用すればいいのにね。

外の世界とどんどんつながって、いろんな人とつながって、そうして世の中の流れや動きをもっと感じとって、生き生きとその世界で交流を楽しめる人だったら、生徒たちにもいろんな新しい世界を見せてあげることができるのだろうになぁ……などと、ふと考えてしまった今日なのでした。
スポンサーサイト
ひとりごと | トラックバック(0) | コメント(1)
この記事のURL
≪復興支援には笑顔が似合う。 震災から2ヶ月たって……≫
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2011/05/27 15:17] | [ 編集]
コメントの投稿














コマちゃんへの秘密のコメントにする

トラックバック
トラックバックURL
http://komacafe.blog6.fc2.com/tb.php/630-738f7078
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。