スポンサーサイト
[--/--/-- --:--] スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
この記事のURL
             
チャップリン
[2005/05/05 23:48] ドラマ・テレビ
娘のリクエストで「モダン・タイムス」を観た。

教科書にも載った有名な場面とか、聴いたことのある音楽とか、そんな物を懐かしみながら2回も観てしまった。

娘も息子もチャップリンの芸に感心しながら、笑いながら観ていた。まだチャップリンのテーマである「機械とか文明への風刺」なんて面には気がつかないだろうけど、それにしても何回観てもみるものを捕らえて離さないその表現力や演出はすごいなあ。
「いまどきの子ども」だって画面から離さないんだもの。

セリフがほとんど無いのに、表情や動作・行動で人物にはまっていくことのできるすがすがしさ。そして最後には生きる力をもらうことができる。

娘は「音楽がセリフになっているんだね」といいながら観ていた。画面画面に無駄がない。音楽も風景も、テンポもみんな演技を豊かに広げている。

今のようにコンピューターでどんな場面もどんな世界も作り出せるような時代だけど、「何もないところ」から何かを生み出す力のあったこのチャップリンのような芸の力はいつまでも何かを創造する人たちが忘れちゃいけないものだろうな、と思った。
スポンサーサイト
ドラマ・テレビ | トラックバック(0) | コメント(0)
この記事のURL
≪こどもの日 ガラスの仮面#5≫
コメント
コメントの投稿














コマちゃんへの秘密のコメントにする

トラックバック
トラックバックURL
http://komacafe.blog6.fc2.com/tb.php/63-a70a4854
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。