スポンサーサイト
[--/--/-- --:--] スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
この記事のURL
             
香港からの応援歌>雨ニモマケズ
[2011/04/03 18:45] ひとりごと
今日、私の尊敬する牧師さんがメーリングリストで送ってくれたメール。

そこには、現在福島県の南相馬市で現在医療活動に従事されている牧師の友人であるお医者さんからの情報と、それからそのお医者さんのメールを転送したものが添えられていました。

それはこんな文面でした。



宮澤賢治の「雨ニモマケズ」に香港人が節をつけて歌った被災地への応援歌

香港の友人が知らせてくれましたがちょっと驚き

東北の詩に、香港の節がついて、それが見事にマッチ

いろひら拝



私もそのメールを受け取って、さっそく聞いてみました。
優しい歌でした。

それが、自国の歌ではなく、東北の、今回の地震で同じく大きな被害を受けた岩手県に生きた宮沢賢治の代表的な詩である「雨ニモマケズ」を、心から、精一杯歌ってくれた歌。

日本の人の持っている、日本の人たちが心の支えとして来た代表的な詩……つまり、日本の人の持っている「心」にメロディーをつけて歌い上げてくれたもの。

その心、その想いが聞いているとすぅっと染みこんできて、優しさと、切なさと、温かさと、悲しさと……いろんな気持ちを包み込んでくれるようなそんな感じがしました。

4月に入りました。
あの災害から3週間が過ぎるのに、いまだにその被害は二次、三次のものも含めて拡がり続けています。その影響はこの先何年もに及ぶと思われています。

そんな状態の中でも、私たち人間は希望を失わずに歩き続ける。
何があっても、どんな状態に陥っても。
雨ニモ、風ニモ、雪ニモ、暑さニモ……そして地震や津波や、そこから広がるいろいろな物事にも、マケズ。
人は、お互いにこうして想いを寄せ合って、それを乗り越え、一歩一歩踏みしめてこの先も歩いて行ける。

そういうものに……私もなりたい。




宮澤賢治

雨ニモマケズ
風ニモマケズ
雪ニモ夏ノ暑サニモマケヌ
丈夫ナカラダヲモチ
慾ハナク
決シテ瞋ラズ
イツモシヅカニワラッテヰル
一日ニ玄米四合ト
味噌ト少シノ野菜ヲタベ
アラユルコトヲ
ジブンヲカンジョウニ入レズニ
ヨクミキキシワカリ
ソシテワスレズ
野原ノ松ノ林ノノ
小サナ萓ブキノ小屋ニヰテ
東ニ病気ノコドモアレバ
行ッテ看病シテヤリ
西ニツカレタ母アレバ
行ッテソノ稲ノ朿ヲ負ヒ
南ニ死ニサウナ人アレバ
行ッテコハガラナクテモイヽトイヒ
北ニケンクヮヤソショウガアレバ
ツマラナイカラヤメロトイヒ
ヒドリノトキハナミダヲナガシ
サムサノナツハオロオロアルキ
ミンナニデクノボートヨバレ
ホメラレモセズ
クニモサレズ
サウイフモノニ
ワタシハナリタイ



スポンサーサイト
ひとりごと | トラックバック(0) | コメント(0)
この記事のURL
≪さあ、あるきはじめよう。 「好意」「想い」の行き先は、いったいどこに?≫
コメント
コメントの投稿














コマちゃんへの秘密のコメントにする

トラックバック
トラックバックURL
http://komacafe.blog6.fc2.com/tb.php/623-35da5ab3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。