スポンサーサイト
[--/--/-- --:--] スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
この記事のURL
             
おおらかに、こだわり無く……虚心坦懐。
[2011/01/02 19:12] ひとりごと
毎年、1月2日には筆をとる。
書き初め……と言うことで、一年の座右の銘を探す、という意味もある。

おととしは、「行雲流水」。
きょねんは、「花意竹情」。

今年は何にしよう?
偶然だけど、いや、必然なのかもしれないけど。

毎年、書き初めに選んだ言葉は一年を通じてなぜかいつも「そうか、これがこの言葉の意味なんだ」と実感することが多い。
一年の予感が降ってくるのかどうか……。

わたしにとっては、なんだか一年の自分のあり方を占う、そんな感じにもなっていたりする書き初めです。

で。
今年の言葉は、これです。
「虚心坦懐。」

習字

虚心、も。
坦懐、も。

「心にわだかまりがなくて穏やか、おおらかなこと」という意味。

「虚心」というのは、空っぽな心。
でも、その空っぽというのは、「何もない」という空っぽではなくて。
むしろ、いろいろを超越した状態。
空しいとか、空虚とか言うのではなくて。
いろいろあったその上で、そういうものを越えてわだかまりもこだわりも捨てた状態。

「坦懐」というのは。
平らな状態。
「懐」という漢字の作りの部分は、「目から流れ落ちる涙を衣で隠す」という作りになっていて、ヘンがりっしんべん……つまりは「心」を表すから、そういう想いを胸中深く包んで大切に暖める……という意味を持つ漢字。

おおらかであっさりとした気持ち。
そういう悲しみや苦しみを飲み込んで、その上で深く人を思いやる気持ちにつなげられるおおらかさ……。

そういう人になりたいし、いろいろあってその上で、それでも穏やかにいられる人になりたいし、そういうものを胸に深く大切に持って、だからこそ人への想いを強く持てる……そういう人になりたい。

昨年、ほんとうにいろいろあって。
たくさん泣いて、たくさん落ち込んで、たくさん苦しんだ。

だからこそ、見えたこと、感じたこと、わかったことがたくさんあった。

今年は、そういうものの上に立って、よりと奥深くものを見て、人を愛し思いやれる人になれたらいい。
それも、静かな穏やかな心で………。


そんな想いを込めて書きました。

そんな一年になればいいと、そんな自分になれればいいと、そう思って書きました。

うまくはないけど、想いはこもった字が書けたなぁ、と思っています。

おだやかに。
こだわりなく。

おおらかに。
わだかまりもなく。

あたらしい一年を、はじめたいと思います。
スポンサーサイト
ひとりごと | トラックバック(0) | コメント(0)
この記事のURL
≪息子の成人式に想う。~生きること~ 今年もよろしくお願いします。≫
コメント
コメントの投稿














コマちゃんへの秘密のコメントにする

トラックバック
トラックバックURL
http://komacafe.blog6.fc2.com/tb.php/611-715be563
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。