スポンサーサイト
[--/--/-- --:--] スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
この記事のURL
             
オリンピック、東京じゃなくてよかった。
[2009/10/05 09:54] ひとりごと
都知事が「敗戦の弁」などを述べているようですが。

多分、この結果は当然と受け止めている人は多いのではないでしょうか。
というよりも、歓迎している人は多いのではないでしょうか。

環境に優しいオリンピックを訴えたようですけど、今の東京でこのあと新しく施設を整えて人が集まるためにいろいろ整備して……想像すらできないです。この状態でどうやって環境に優しくするのかが。

オリンピックが開催されることになったら葛西臨海公園の貴重な動植物の集まる所もつぶされてしまうと聞きました。
そういうもろもろを考えても、「オリンピックを東京でやるメリット」はまったく考えられないわけで。

10年前の長野オリンピックの時の大騒ぎを体感した地元の人間としては、東京に来なくて本当によかった、と思う方が本音です。

今、長野に残るオリンピックの「残骸」たち………。
陸の孤島長野県に風穴が空いたことは多少プラスだったし、NAGANOの世界的な知名度も上がったこともプラスだったと思うけど、それ以上に残ったマイナス面の大きさの方がどうしても目につきます。

華やかな表彰式を行ったセントラルスクエアを飾った子供たちの絵は色あせてめちゃくちゃきたない駐車場になっているし、無理矢理開発をはじめた長野駅の東口一帯はいまだに整備が終わらずに工事中の路がぐちゃぐちゃ入り乱れていて。

施設の利用状況も赤字のものが多くて維持費だけがかさむところがほとんどで、交通の便がよくなったスキー場は、よくなりすぎて宿泊客が減って、スキー自体が下火だから小さいスキー場はどんどん消えていて。

オリンピックの時期に、国際交流だと大騒ぎしたものもあの時の一時的なものだったし(長野市小中学校の一校一国運動も、あの時で終わりだったみたいだし)……今からして思うにも、オリンピックが来たことでの「地元への効果」は、本当に実感できるものがない。

ちなみに、オリンピックをきっかけに元気になった所もあるけれど、そういう地方や企業は、もともとちゃんとそういう「努力」を重ねているところのように思う。

つまりは、オリンピックがあってもなくても頑張っているところだったわけで。
オリンピックが来ても来なくても、そういうところはやっぱりちゃんとやっていったのだろうと思う。


東京も。
「オリンピック」に頼らずに、もうちょっと自分たちで努力をした方がよい……。
そういうことなんだと思ったりもする。

今回、東京よりもずっと適任だった場所に決まったと言うだけの話。

「敗戦の弁」で、JOCのせいにするとか、政治的動きのせいにするとかいう見苦しいことしなくてもいいから、そうでなくてもうちょっと「東京らしく」「東京を生かした」努力でこの先の東京を考えていく方がいいように思います。

東京を訪れるたびに思うのは、空気が臭くて息苦しくて、ホッとする景色に出会えることが少なくて。

子供のころ、親戚の家を訪れるたびに感じていた下町の温かさもほとんど残っていなくて。
道ばたに人がダンボールにくるまって横になり、大声で叫んでいる人がいても誰も振り向かない。

そんな街に、人の温もりを取り戻すこと……オリンピックに気をとられ、外のことに気をとられていないで、足元のぐちゃぐちゃなぬかるみを何とかした方がずっといいと思うのです。
スポンサーサイト
ひとりごと | トラックバック(0) | コメント(0)
この記事のURL
≪ネット上を駆けめぐって。 Twitterにはまってみようかな。≫
コメント
コメントの投稿














コマちゃんへの秘密のコメントにする

トラックバック
トラックバックURL
http://komacafe.blog6.fc2.com/tb.php/554-548d9201
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。