スポンサーサイト
[--/--/-- --:--] スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
この記事のURL
             
「ニュース」は、なんのためにある?
[2008/07/14 09:11] ニュース
私は、テレビはまったく見ない。

音がうるさいからだ。

たとえば見たい番組があってみているとき、合間合間に入る押しつけのコマーシャル。
番組提供だとはいえ、だんだんうるさいだけのものが増えてきたように思う。

ただ、奇をてらって、「なんのCMだったの?」ってわからないものや、「こんなことまでする意味があるの?」と思うCMが多すぎる。

CMに限らず、そういう番組もものすごく増えている。

それがみんな否応なしに入ってくるのがたまらないのだ。

こっちが考える隙を与えない。
ただ目立つこと、売れることを考えるだけのCMや番組は、見ていて見苦しいし、耳には痛い。

そういう発信側の「押しつけ」である情報の氾濫が、だんだん人の思考を麻痺させる。

だからこそ、発信側にはもっと常識を持って、ちゃんと受け手が何かを受け止める、それも納得して受け止める、そんな発信をして欲しいものなのに、そのあたりがめちゃくちゃだ。「垂れ流し」ともいえる情報発信の仕方……それはほんとに見苦しい。

新聞や、ネットでのニュースについては、自分で選んで見ることが出来るからまだいいと思っていた。

だけれども、そのあたりもだんだん怪しくなってきているように思う。

最近思うのは。
文章が「これが本当にプロの書く文なのか?」としか思えないものになってきていること。
もう一つ、「これが本当に、ニュースとして流す必要のあるものなのか?」ということ。

ネットが普及して、誰でも気軽に発信できるようになった。
ネット上には様々な情報が渦巻いている。

テレビのようにただ垂れ流し、というのとはちょっと違うけど、最近はどうもネットの世界にもこういう「押しつけ情報」が増えてきたように思う。

タイトルに奇をてらって、クリックさせようとする情報。
……もしかして、欲しい情報かと思ってクリックしてみたら中身はスッカラカン。

個人情報の発信のブログに無理矢理割り込むPR。
書き手は何も知らないのに、ブログの設定だかなんだか知らないけどその人のブログの記事として「PR」が入り込む。

これは明らかに、発信者の意向を無視したものであり、読み手にとっては押しつけだ。

品格を感じられない読むにたえない迷惑メールやマルチポストのブログへのコメント。
書いている人間、送っている人間は、恥ずかしくないのだろうか……。
まあ、そんなことを感じる力があればこんなことはしないだろうけど。

必要なニュースだと思って読みに行けば。
一体何が言いたいのか、書き手の意向がまったく感じられない薄っぺらな文。
何も伝えることのない文章を読まされるむなしさ。
個人のブロガーでもよっぽどましな文を書いている人がいっぱいいるのに。
プロのニュースを書く人間が、こんな文でいいのだろうか?と思うような駄文も増えてきた。

そして、「これは一体、ニュースとして必要なのだろうか?」と思うような記事。
たとえば、掲示板に殺人予告があったという記事にしても、電車に落書きがあったという記事にしても、ほとんどは愉快犯で騒がれるのが面白いからやる人間のやることで。

例の秋葉原の事件の前に、犯人が書いた予告文は取り上げなかったのにその後の模倣犯のものははじから取り上げて騒ぎ立てる。

意味がない。
騒がれるのが面白くてやることを、わざわざ騒ぎ立ててお膳立てして喜ばせているだけ。
それを見て、こうすれば騒いでくれると思う人間が、また真似をするだけ。

ニュースは。
情報は。
なんのためにあるんだろう?

もっと必要なものを際だたせるためには、こんなふうに垂れ流しの毎日では意味がない。

そして裏を返せば、「くだらない」情報が蔓延しているおかげで「大切な」情報が見えにくくなり、また本当に流れて欲しい情報は流れなくなっている。

送り手側は。
もっと情報を選別する確かな力をつけてほしい。

それが送り手側の仕事なんだから。プロなんだから。
「誇り」の持てない仕事はして欲しくない。

受け手側は。
しっかり情報を選別する力をつけていくべきだ。

流される情報をはじから受け止めて「プロじゃない」仕事まで認めていたら、ますます垂れ流しの中にさらされるのは受け手側なのだ。

情報を選別し、必要でない情報は切り捨てて、自分で考え学ぶこと。
その力をつけないと、垂れ流される多くの情報に押し流されて漂流する羽目になる。

「プロの情報発信者」を育てるのは、私たち「受信者」の側。
「考える受信者」を育てるのがプロの発信者。

この、いい意味でのサイクルを育てないと。

「人間は、考える葦」ではなく、洪水で流され「折れてしまった葦」に成り下がってしまう。





スポンサーサイト
ニュース | トラックバック(0) | コメント(2)
この記事のURL
≪これはこれでいいんじゃないの? 「エコ」の意味が、違うんじゃないの?≫
コメント
恥かしいという意識
恥かしいという意識の欠如

なのかも知れないなぁとコマちゃんの文章読んで感じました。

[2008/07/23 19:35] URL | Mud [ 編集]
人として。

「恥ずかしい」という想いはなくしてはいけないですよね………。
[2008/09/06 09:45] URL | コマちゃん [ 編集]
コメントの投稿














コマちゃんへの秘密のコメントにする

トラックバック
トラックバックURL
http://komacafe.blog6.fc2.com/tb.php/529-9ab5c198
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。