スポンサーサイト
[--/--/-- --:--] スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
この記事のURL
             
「エコ」の意味が、違うんじゃないの?
[2008/07/11 14:43] ニュース
今日、地元新聞のHPでニュースを見ていたら、こんな記事が目にとまった。



低燃費のミニバイクに熱視線 県内で販売や修理が好調
                     7月9日(水)

(前半略)

 こうした状況に、バイクの各メーカーも「ガソリン1リットルで70キロ以上走行可能」といった低燃費を前面に押し出す。近距離通勤者に人気の自転車と合わせて、店頭で「ちょいエコ生活を」などのキャッチコピーを掲げる店も。

 大手のヤマハ発動機販売(東京)の広報担当者は「2輪車の総需要は横ばいか微減が続いている中で、『エコ』は購入者に訴える力がある」と“エコ需要”に期待している。





どうも、勘違いしているような気がします。
「エコ」という言葉について………です。


ガソリンが、値上がりしました。
だから、ガソリン代を押さえるために、バイクに乗り換えました。

それは、私もやっています。
原付では、坂の多い土地であることややや長距離を走ることが多いので、わざわざ普通2輪の免許を取って、125ccのバイクに乗り換えています。

当然、燃費も考えています。
乗り換えたのに、燃費が車とそう変わらない、というのでは意味がないですものね。

今のところは、46~50キロ、リッター当たりはしってくれていますので、バイクに乗り換えてよかった、と思っています。

そして、たぶんこう考えるのは私だけではないでしょうね。
多くの人がバイク乗り換えを考えるでしょう。

でも、それは、ガソリンの消費量を抑えて地球の資源を守ろう……という視点ではなく、あくまでも「家計を守ろう」という視点です。
そこには「エコ」の視点はまったくありません。

そしてなおのこと、バイクのお店や企業が自分たちの「儲け」に目を付けて訴える「エコ」は、見当違いだと思うのです。

ガソリン消費の抑制にはなるでしょう。
その結果として「原油消費量の抑制」が出来、「資源保護」になることはあるでしょう。

でも本来は、「エコ」というのは自然や地球と共に生き、自分も自然の一部であり、その恩恵に浴するから、感謝してこれを守っていくのだ……そういう意味合いのものであるのではないのでしょうか?

そこに、「商売っ気」が入ることは、間違い。
あくまでも、個人個人が人間として……この地球上に生きるものとして持つべき意識であるべきです。

ここを誤解していることが非常に多い。
「エコ」は企業の上っ面をよくするための看板ではありません。
「エコ」はもうけるための売り言葉ではありません。

「エコ」といいつつその実、結果としてかなりの「無駄」を生み出している多くの実例を見るたびに、この言葉をあまりに気軽に使っている人々の姿勢に疑問を感じます。

本当の意味で、ちゃんと理解して行わないと、本当の意味での「エコ」など出来るはずもないのです。

ある意味、「便利さとの離別」が必要だから。
ある意味、「自分のことは自分でやる」手間ひまが必要だから。
すぐに結果の出る、そんな即物的なものではないので、長い時間がかかることだから。

気軽に「エコ」と口に出したときに、それが本当の意味で地球や自然や人々のためになっているのか……そう振り返る瞬間を、必要としなくては、意味がない行為になってしまうと思うのです。

私は、バイクに乗り換えて、ガソリン消費量の削減に努めています。
でも、それは「エコ」目的ではありません。
だから、自分で「エコ生活している」と自慢する気にもなれません。
この言葉を、そんなに気軽に使っちゃいけない気がするので………。

本当の意味でエコを考えるのだったら、ガソリン使うものをやめるのが一番ですよね。
バスや電車を利用して、排気ガスを出して走るものをなるべく減らすのが本当ですよね。

私は、それが出来ません。
だから、「エコ」を実践しているとは、とてもいえません………。


企業ののぞむ「エコ需要」………この言葉を聞くと、何ともいえない嫌悪感が生まれてしまうのは、私だけでしょうか?
スポンサーサイト
ニュース | トラックバック(0) | コメント(3)
この記事のURL
≪「ニュース」は、なんのためにある? 完結した名作と、完結させないで駄作になった、あれ。≫
コメント
そうそう!最近エコが耳障りです。
エコ・ビジネスとか言いますけど、
全く魂が感じられません。

「地球温暖化」も、何だか原発賛成の方に世論を引っ張ろうとしている匂いがします。
[2008/07/11 16:18] URL | Biggy Neptune [ 編集]
エコとエゴ
そうそう。
エコに欲得の濁点が付いてエゴになる。。
私めが大好物にしている日本永代蔵の世界です。
そういえば何処ぞのテレビ局でエコセコなるものをしていました。
セコくてもいい逞しくなって欲しい日本人です。
[2008/07/11 22:38] URL | トラキチ [ 編集]
>Biggy Neptuneさん

ほんとうに。
魂の感じられないのは、エコじゃないですよね………。

単なる儲けに使って欲しくないです。

確かに、温暖化~二酸化炭素発生量削減~火力発電減らせ~原発

という流れは感じられますね………。
そういう情報操作……正直怖いです。

あと、どこぞの県でコンビニだけ深夜営業をやめさせる条例とか……あれもあまり意味を感じないです。

深夜までやっていることはいいとは思えないけど、コンビニだけ、というのも的はずれな話ですよね………。

> トラキチさん

まさに、エコならぬエゴ。
そのとおりですね。

せこい……といういい方で、倹約、質素という日本人の持っている美感を笑うようになったあたりからおかしくなっているのかなぁ…。

「もったいない」という言葉。
外国ではそのまま通用するようになっているとおり、日本人だけに備わっている天性の「エコ」の精神なのに。

もったいない。
ありがたい。

その言葉が生きている社会だった頃は、ちゃんと自給自足が出来ていた日本だったような気がします。
[2008/07/14 01:11] URL | コマちゃん [ 編集]
コメントの投稿














コマちゃんへの秘密のコメントにする

トラックバック
トラックバックURL
http://komacafe.blog6.fc2.com/tb.php/528-9a0ec784
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。