スポンサーサイト
[--/--/-- --:--] スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
この記事のURL
             
みんな、人のせいなんだから。
[2008/06/11 11:07] 教育・学校
親が悪い。
学校が悪い。
会社が悪い。
自分を認めてくれない社会が悪い。

先日の事件に関わる記事を読んでいると、そういう考え方があちこちから見えてくる。

そういう者にとって「誰でもよかった」ということはつまり。

自分の哀しみや苦しみも、結局みんな人のせいで。
でも、いろいろ重なって、一体どの哀しみが誰のせいだかもわからなくなって。
だから、その原因を誰に求めていいのかもわからなくて。

それでも、自分がこうなっちゃったのは、きっと誰かの、何かのせいなんだから……。
だから、誰でもいい、自分の苦しみの「責任」を負ってくれ……。

そんな思いが流れているような気がしてならない。


そして、この事件において、おおかたの報道も世間の反応も。
事件を起こした犯人が悪い、となるのは当然の話。

むろん、わたしだって、なにも関係のない人の命を奪うこの行為は許せない。
彼の責任は厳しく追及されるべきで。
もっというのなら、「自分の起こしたことを、今度は人のせいにせずに、きちんと自分の行為として自分で責任とりなさい」という気持ちはある。

命を奪うことは、人が人の命を奪うことは、許されることではない。
同じだけの苦しみを、きちんと自分で背負うことは、犯人にとっては絶対に必要なことだと思う。


だけれども。
この事件はこの事件として切り離して考えていたら。
今後、また同様な事件が起こらないという保証は全くない。

なぜなら………
「人のせい」と原因や責任を自分でないほかのものに求める風潮は、これは今の日本の社会でごく身近に起こっている思考の道筋だから。


何回か、わたしは教育問題に関わってこのブログにも書いている。

いじめ問題。
不登校の問題。
「ゆとり教育」と呼ばれた教育に対しての糾弾の問題。

そのたびに思うこと。

「みんな、人ごとだと思っている……だから、この問題、なくなりっこないよね。」

学校はいう。
社会が変わってしまった。
親の家庭教育力をなくしている。
忙しいのは上からの押しつけのせいだ。

親はいう。
学校の教育力が低下しているせいだ。
学校、もっとしっかりしてよ。

社会もいう。
学校がちゃんとしていない。
親もちゃんとしていない。
文科省もしっかりしろ。

………みんな、人のせいなんだよね。

それじゃあ。
それぞれの者たちはお互いまったく関係ないのだろうか?

そうじゃないと、わたしは思う。

子どもを育てるのは誰だろう?
まずは、家庭。
でも、その家庭を育てるのは誰だろう。
それは、地域や社会。
学校を見守って支えるのは誰だろう?
子どもを出している親と、その学校を取り囲む地域のみんな。

そして、そのすべては日本という社会のひとつの構成要素だから。

どれも切り離せない要素であり。
どれも大切な要素であり。
どれをなくしても成立しない。

だから、学校で起こっていることは、家庭にも関係あり、地域にも関係あり、まして社会には大きな影響があるはずなのに。
そして、その方向の逆のルートもまたあり得ることで。

どれかひとつに原因を求め、そのせいにして追求しても、一番の元凶は、なくなりはしない。


人のせいにする。
それは、自分には関係ないという無意識の責任回避。
その出来事は、あくまでもひとごとで、自分に関わりない世界の出来事。

だから、自分自身は動かないし、変わらなくてもかまわない………。

突き詰めると、そうなっていってしまうのだ。


秋葉原の話を聞いたとき。
わたしは池袋の雑踏を歩いていた。

今、この瞬間に、ここで同じ事件が起きる可能性だって十分にあること。
そう思って背中がぞくっとしてしまった。

実際に、たぶんまだまだ同じ根っこはあっちこっちにはびこっているはずで。
もしかしたら、今、自分が対している周りの人間にだって、そういう思いがないとは限らない。

けれども逆に考えたら、どうだろう?
もし、自分の周りにいる人たちの中にそういう物があったとしても。
自分1人でもいいから、「これは人ごとではない。これは、自分たちが何とかしなくてはならないこと。自分の関わりで、何かは変わるかもしれない」と、そう思って動いたとしたら。

そういう気持ちで周りを見て、声がけや行動を続けたら。

そういう「1人」があっちにもこっちにも、自分の周りにいてくれたら。。

「これから起こる可能性」は少しでも薄まるのじゃないか。


「自分に関係ない」
「みんな人が悪いんだ」
この思いは、多かれ少なかれわたしの中にもある。
周りの人も、人間だったらたぶんみんなが持っている気持ち。
なにも、あの犯人だけの思いじゃない。

だからこそ、あの事件はどこか遠いところの人の事件ではなく。
自分の周りで当たり前に起こるかもしれない事件だとみんな受け止めるべきじゃないのか。

そうして、その受け止めができれば
「何とかしなくっちゃ」
「自分たちが何かできる」
「自分たちで防ぐことができる」
そう思う人がすこしでも増えていくに違いない………

それが、二度とあんな悲しい事件を起こさないための一番の近道なんじゃないか。
わたしは、そう思う。



スポンサーサイト
教育・学校 | トラックバック(0) | コメント(3)
この記事のURL
≪崩壊している国、日本 やっぱり…il||li _| ̄|○ il||l≫
コメント
そうですね
まだ、この事件に対して自分なりのスタンスが取れないのですが、でも、この犯人を「異常者」として切り捨てるのは、見当違いだし、何の教訓にもなりません。

彼はどこにでもいる若者の一人。
だから、社会の問題として考えていかないと、第二、第三の悲劇が起きるでしょう。社会の病巣は深いですよ。
彼の両親も謝る必要はないです。
もう25歳で、判断力のある大人なんですから。
[2008/06/11 23:45] URL | Biggy Neptune [ 編集]
 私も「誰も責任ととろうとしない」ことに危険なものを感じています。
 今回の事件で当面歩行者天国をやめることになったそうですが、これも安全を考慮しているようでいて、実は面倒が起きたとき責任を取りたくないというだけのことです。似たようなことが学校でも社会でも起きています。
 さらに、誰も責任をとらないとたまに責任をとろうとする人が現れると、その人がとうてい背負いきれないだけの責任が押し付けられてしまい、結局その人は潰されてしまいます。みんなが自分の責任をちゃんと背負っていればそんなことは起きません。
[2008/06/12 21:36] URL | ぼー [ 編集]
>Biggy Neptune さん

>>彼はどこにでもいる若者の一人。

まさしく、その通りです。
そのことに、もっとしっかり焦点を当てて、なぜこういうことが起きたのか、その根っこから考えないといけないときなんだと思います。

「社会の問題」まさしく、その通りです。

だから、同時に「社会の危機」でもあるんだという認識を多くの人が持たないといけないんじゃないか、と思います。


>ぼーさん

>>みんなが自分の責任をちゃんと背負っていればそんなことは起きません。

ここなんですよね。今の問題点は。

自分のことでなく、みんな人ごとに捉えているから、だからいつまでたっても同じような事件が後を絶たない。

それどころか、「愉快犯」ともいえるように似たような投稿を掲示板にしてみたり、人の騒ぐようなことをまねしてみたりする人が後を絶たない。

この一連の社会現象、もうだいぶ前から同じように繰り返されてきているのですけどね………。

みんな「人ごと」「遠い世界の話」だから……自分たちの問題として、身近なところで何かやっていかないと、変わらないのだと思います。

「自分のことは自分で」
こういう生きる上での基本を、見直すべきだと思います。
[2008/07/11 14:58] URL | コマちゃん [ 編集]
コメントの投稿














コマちゃんへの秘密のコメントにする

トラックバック
トラックバックURL
http://komacafe.blog6.fc2.com/tb.php/522-96042712
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。