スポンサーサイト
[--/--/-- --:--] スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
この記事のURL
             
チャンネルを変えると、そこはもう日常。~聖火リレー報道に思う~
[2008/04/26 12:54] ひとりごと
オリンピックの聖火リレーを見ながらいろんなコトを思いました。

まだ子供の頃。
上諏訪に住んでいた私は、まだその頃生きていた妹を背負った母に連れられて弟と一緒に東京オリンピックに向かう聖火の走者を見送りました。

小さかったから、その頃のことはほとんど覚えていませんが。
聖火、というのは夢のバトンに思えました。
それを応援できたことは誇らしい記憶として心に残っています。


10年前。
長野にオリンピックが来たときには、オリンピックを迎える側として、交流国の国歌を練習したり、聖火応援用に旗を作ったり、いろいろ問題はありましたが、世界の人々を迎える意味で、交流の意味で、いろんな意味でのオリンピックを見つめることが出来ました。

テレビの報道でも、10年前の光景を流していましたが、本当にみんなで応援した聖火リレーだったんだよな……。
オリンピックはだいぶ「イベント化」してはいましたがそれでも関わる人間としては身近なものとして心を込めて一緒に作り上げた…そういう思いも残りました。

10年後の今日の聖火リレー。
前日の長野市の物々しさに背筋に寒気を覚え、無事に終わるようにと祈ることしかできない自分がそこにいました。

朝からずっと、日頃はまったく見ないテレビを引っ張り出してリモコン片手に見守りました。


リレーする走者の皆さんは、本当にいい顔で走っていました。
それが何より嬉しかったです。

周りには赤い旗。
それがずっと併走しています。
中継の周りはものすごい騒音。
応援の声はほとんど聞こえません。

そういう聖火リレーを見て感じることは山ほどありました。
でも、それについてはきっと皆さんおのおのに思うところあったと思います。

私は違う面から、この報道を見る自分がいることに気が付きました。


報道が「ライブカメラ」での中継なのはいいのだけど、本来の番組をやっている横で申し訳程度に流れている時間が多い。

時々メインの画面で流れるのは、何回も何回も報道される著名人のインタビュー。それから事件っぽいことがあった場面。

そして一番知りたい「今」を知ることは出来ない。

アナウンサーの余計なコメントなんかいらないから……その場の空気を運んで欲しかった。映像を見ることで、見たものが感じ、思うことまでアナウンサーのコメントで左右されてしまうんだな……。

そして、深刻な顔でこの事態を報道したその次の瞬間にはあっけらかんとCMが入り、バラエティーがはじまり、違う番組の世界に引きずり込まれる。


「知りたいこと」を得ることが出来ず……「押しつけの情報」が断片的に流されるこの報道の仕方は、いつからのことなのだろう?

子供の頃に見た、浅間山荘のニュースや、地附山の地滑りの報道。

生々しい映像が既成の番組を中止してずっと画面から流れていました。
知りたい「今の状態」がそこにあり、多くのコメントやアナウンサーの感想の付かない「実況中継」から、現場の状況を視聴者は身近なものとして知ることが出来ました。

子供心に、これは大変なことが起こっていて……早く解決して欲しい、怪我の人は出ないで欲しい……と強く祈りながら見守っていた記憶があります。

対して、今回の聖火の報道。

もしかしたら、各テレビ局は、「何か起こること」を期待していたのではないのだろうか?そんなことを勘ぐりたくなるような報道でした。

くり返し流れるのは事件的な出来事や、著名人の感想ばかり。
一般の走者の汗や願いなどはまったく伝わってきませんでした。

そして、ここに関わる中国とチベットの問題。
オリンピック自体の存在意義の問題。
そういう物はまったく何もからまってきませんでした。

一体……今回の騒動で何を日本の人々は学んだのでしょう?
「オリンピックはもうだめ」という思いでしょうか?
「中国人怖い」「チベットの人どうなってんの?」そんな思いしか残らなかったのではないでしょうか?

このあと、またニュースの時間になったら流れる映像は、たぶんまた同じ場面が繰り返されるだけでしょう。
平和に対しての思いや、オリンピックに対する思い、そしてこの聖火リレーがもたらしたものの検証、これから考えて訴えていかなければならない思い……そういうものはたぶん、まったく次の瞬間には消え去ってしまっているのでしょう。

テレビのチャンネルをリモコンで操作すると流れ出す、まったく違う番組のように。。

今この瞬間から、あっという間に「日常」に戻ってしまう、その何ともいえない恐ろしさ……そんなものを報道の様子を見ながら感じていたのでした。

せっかく、世界の流れや平和について考えるいいチャンスだったのに……。


もっとどうにかならなかったのだろうか?

外には冷たい雨が降っています。
なんだか、心の中にも冷たい雨がしとしと降っています。
何とかしたい……どうにかならないの?
だけど、どうしたらいいのか、わかりません。。。


よかったら、この記事、読んでみてください。。

善光寺・チベット騒乱犠牲者追悼法要


スポンサーサイト
ひとりごと | トラックバック(0) | コメント(0)
この記事のURL
≪知りたい「事実」はどこにいる? どっちが正しいのでしょうね?≫
コメント
コメントの投稿














コマちゃんへの秘密のコメントにする

トラックバック
トラックバックURL
http://komacafe.blog6.fc2.com/tb.php/510-21b53a88
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。