スポンサーサイト
[--/--/-- --:--] スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
この記事のURL
             
見えないところでわからないことが。
[2008/03/29 22:38] ひとりごと
怖いなぁ、と思う。
だけど、これをどうしたらいいのか、誰にもわからないのではないか。

見えないところで決まってしまったことが。
実質法的拘束力を持って目の前に迫ってくる。

いったい、どうしてこうなってしまうのだろう?
何でこういう状態が、認められてしまっていくのだろう?

国民の意見は、どこからどんな風に伝えれば政治に携わる人にちゃんと届くのだろう?




日本「学校で君が代歌わせよ」  中央日報

~愛国心強調した小中学生新指導案を用意~

日本政府が子供たちに愛国心教育を強化する。

日本の文部科学省が28日に告示した小中対象の改正学習指導要領は、総則に「我が国と郷土を愛する」という表現を加えた。また小学校の音楽時間の指導の要領では「(日本国歌である)君が代を指導する」という部分が「君が代を歌うように指導する」と改正された。

これまで愛国心関連内容は道徳科目で「国を愛する」、社会科目で「国を愛する心情」のように含まれていたが、学習指導要領総則に表記されるのは初めてだ。新学習指導要領は小学校では2011年、中学校では2012年から適用される。

(後略)




指導要領告示 ルール無視の修正だ 信濃毎日新聞


 文部科学省はいかにも姑息(こそく)である。

 愛国心教育を強調する幾つかの修正を、国民の目のとどかないところで土壇場になって強行し、新しい学習指導要領を告示した。

 「愛国心」という個人的な価値観を押しつける教育には反対意見が根強い。2006年の教育基本法改定時にも議論が分かれた。

 2月に公表された改定案にはなかった踏み込んだ内容だ。改定案は、政令に基づく公式の機関である中央教育審議会で時間をかけて話し合い、まとめ上げたものだということを忘れてはならない。

 「特に重要な修正部分はない」という文科省の言い分は、説得力がない。

 今回の修正は行政手続きとしても不透明である。道徳教育をことさら重視したがる役所なのに、ルールを軽視し、国民を欺くかのようなやり方は道徳的ではない。不信感が募るばかりだ。

 改定案からどう変わったか。主な修正点を示す。

 全教科に共通する「総則」は、「伝統と文化を継承し、発展させ…」という表現だったのが、「伝統と文化を尊重し、それらをはぐくんできた我が国と郷土を愛し…」となった。

 小学校の国語では読み聞かせなどの素材として「神話・伝承」を加え、音楽では君が代を「歌えるよう指導する」と特記した。愛国心教育を、より強調し、復古的な色合いを濃くしている。

 文科省は「強制の意図はない」という。だが、同省のこれまでの説明では、学習指導要領には法的拘束力があることになっている。言うことがちぐはぐだ。

 新指導要領は小学校で3年後、中学校では4年後に完全実施となる。もともと、ゆとり教育を見直す今回の指導要領によって、詰め込み教育にならないか心配されている。そこへ新たな問題が持ち込まれることになる。「歌う」ことを強制するとなれば、教育現場は混乱するだろう。

 修正に至った経過が見えないことも問題だ。文科省は修正した理由の真っ先に一般からの意見公募を挙げている。だが、それで今回のように踏み込んだ修正になるか。意見採否の基準がはっきりせず、不自然だ。官僚の恣意(しい)的判断や政治の介入があったと疑われても仕方ない。

 「愛国心」が強化されれば、教育現場は今以上に息苦しさが増すことになる。文科省は、修正に至った経緯も含めて説明し、責任を明らかにすべきだ。





前から何回も、このブログでも書いてきた。
「愛国心」は強制されるものじゃない。

愛国心を育てたかったら。
愛すべき国を作り上げるのが先じゃないか。

強制という言葉の中に、国を作り上げる気持ちの放棄が感じられるのは、私だけだろうか?

本当に、愛する国がそこにあったら。
大切にしたい国土や国民、国の文化や歴史があるのだったら。

強制されずとも自然と生まれる気持ちのはずなのだ…「愛国心」とは。

温かい家庭の中には、家族を愛する気持ちは強制されずとも育まれる。
すばらしいクラスで共に生きるクラスメートの間には、自分のクラスを大切に想う心が育つ。

それは、強制されて生まれるものではない。
むしろ、強制されたらそれに伴う規則などに目を覆われて違う意味での心が育つことが恐ろしい。

なぜ、法の中で決めなくてはならないのだ。
なぜ、国を愛する心が育ってこないのか。
道徳観がなくなっていくのは、なぜか。

そこを見ないで単に表面で規制して、本当の意味での国を愛する心は育つはずがない。


愛すべき国を作る努力を。
怠ってはいないのか。

それに関しての審査は、しなくてもいいのだろうか?
いったい、誰が、それをするのかもわからずに、目隠しをされた国民は、ますます訳のわからないところに連れて行かれようとしている……。
スポンサーサイト
ひとりごと | トラックバック(0) | コメント(2)
この記事のURL
≪じゃあ、なぜ、みんな歌わないか。 これ、マジですか?>1食あたり17円弱≫
コメント
「愛国心」というコトバは好きじゃない。 人それぞれの持つイメージによるんだろうけど。

「君が代」を歌わなきゃいけない、ということに、賛成しない。  この国歌の理解を深める必要性は認めるけど。歌いたいと思えるものがなければなんにも意味がない。


「強制力はない」と言ったって、結局は暗黙の了解みたいなもので、歌わせない教員だの、校長だのは集中的に攻撃されるんだ。
内容は違うけど、今の職場でそれと同じような事があった。私だけいまだに拒否しちゃってる。 そのせいで上から館長や主任がいやみを言われたりしてるのだ。 2人には申し訳ないなぁとは思うけど、納得のいく説明もなく、納得のいく体制や状況にしようともせずに一方的に圧力を掛けてくるのが、私は受け入れられないんだなぁ。 これからはそういうことがますます増えてくるだろうなぁ。

しかし、教育も、子育ても、、政治も、原点に立ち返って考え直してもらいたい。 ほんとうは、何が必要なのか! マスメディアにも考えてもらいたい。



[2008/03/30 14:22] URL | おおじゅ [ 編集]
ありがとう
おおじゅさん、思いを語ってくれて、ありがとう。

今の日本では、こういうコトを声を大にして語ることや、そういう場がなかなか見つからないですよね。

でも、これは避けて通れない道であって、時が過ぎれば消える物でもいえる傷でもないんだと思っています。

だからこそ、みんなでちゃんと正面から取り組んで討論をかわしていかねばならないんだと私も思っています。

「原点に帰る」

今の日本の人が、忘れてしまっている言葉。

大切にしていかなくちゃならない気持ちだと、私も思います。
[2008/04/12 14:33] URL | コマちゃん [ 編集]
コメントの投稿














コマちゃんへの秘密のコメントにする

トラックバック
トラックバックURL
http://komacafe.blog6.fc2.com/tb.php/505-f09962f0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。