スポンサーサイト
[--/--/-- --:--] スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
この記事のURL
             
教育の場の息苦しさ
[2007/06/15 02:57] 教育・学校
あ~、このブログ、最近放置気味、ですね。
いかんなぁ~。
うつの記録ブログの方も、1ヶ月あけてしまいました。
反省です。

ただ、この間、私の心の中でいろいろな戦いがありました。
一番大きな戦いは、「復職」に向けての戦い、でした。

ご存知の方が多いと思いますが、私は休職中の教師です。
うつでの休職は、2回目です。

1回目は、1年半休んで自分で「戻れそうだ」と思ったところから、職場にお願いして「自主的に」職場復帰の研修を受けました。

2ヶ月、時間や仕事の量を調整しながら、自分で職場に通って体調を整え、そして職場に復帰しました。

けれども、今回の休職からの復帰は、そう簡単にはいきません。それというのも、県の指定で復帰するには2ヶ月の「集団リハビリ研修」を受け、その後に「職場リハビリ」を受け、そして認められないと復帰できない、というシステムができてしまったから、です。

自分で自分の調子と相談して自分から申し出て研修するのではなく、県の定めた決まった研修のサイクルに乗れないと、復帰に向けて動き出すことができないのです。

はっきりいって、これは「うつ病」という病気に対しての不理解でしかない、と思いました。

うつ病というのは、「やらなくてはいけない」という思いが強すぎて病気になる人がほとんどです。その人たちが、「この日までにサイクルに乗らなくてはいけません」といわれて乗る、ということがいかに苦痛か…全くわかっていないから、です。

さらに、その研修はあくまでも「任意」のもの…つまりは「受ける人の意志によるもの」と強調され、そういう文面の書類にサインまでさせられました。これも、とんでもない話です。

休職中に研修を受ける。これ、受けないと復職できないんです。明らかに強制なんです。なのに「あなたの意志だから旅費等出ませんからね」というサインさせられる…。

旅費なんか、いりませんよ。でも、「任意」ってなんですか?
強制で受ける研修なのに、「あなたの意志でやっています」ってサインしなくちゃいけないってすごく苦痛です。事実と違うんですから。

さらに、研修の内容と言えば…「復職します」と言うところまで回復してきた教員に対しての研修ではない…「教育実習生」への指導内容です。

はっきりいって、ここになぜお金をかけるのか…私にはわかりません。

今まで休職していたのだから、当然リハビリは必要です。でも、それはすぐに戻って活動するための助走ですから、それぞれの病状、回復状況に合わせて自分からそれこそ「任意」で行われるべきなんです。

私が以前、自分から2ヶ月お願いしたように…。

しかし、ほぼ強制で行われる研修。内容は正直いって回復するために自分自身でさまざまな研修に自主的に行って学び取ってきたもの。再度強制されてやる内容ではない。そこになんでお金をかけるのか…。

ここに私は疑問を感じるのです。

多くの休職職員がいることは確かです。でも、なぜそのような教員がいるのかと言ったら、それは「予防」の体制が整っていないから、です。

復職しようと思うくらいの教師だったら、自分でここまではい上がってくるはず。そこに金かけるよりも「うつに陥りそうで苦しんでいる教師」のためにお金かけた方がいいんです。今でもきっと、いっぱいいます。苦しんで悩んでいる教師。ちょっと予算が下りて臨時講師にでも入ってもらえたら、どのくらいの教師が休職まで陥らなくてすむことでしょう。

そして、学校の教育は、相変わらずこうやってシステム化することによって教師を型にはめようとしているんだな…ということも身に染みて感じました。

これは、なにも教師に限らず、生徒にも行われていると思われます。

つまりは、「学校」という型からはみ出したものを戻らせるには、再び「学校」という枠の中にはめる努力をさせる…という姿。

学校自体の型が狭くてはみ出した教師や生徒。
みんな違う人間を、同じ型に押し込めるのはむずかしいことはわかっているはずなのに、それに対応する多種多様な入れ物作りの努力なしに、その狭い器に同じように戻そうとすることしかやらないのです。

学校自体はなにも変わらず、もとのまま。
入りきれなかった人間が悪い。入りたかったらこの型の中にまた入り込みなさい、と言いたげな訓練リハビリの強制。

このシステムじゃ、全く人の心など育てられる教育できっこないなぁ…と何ともむなしい気持ちになりました。

けれども、このままただ外から指をくえわえてそれを声高に叫んでいても、「負け犬の遠吠え」にしかならないのが今の現状です。

そう思ったから、あえて「枠」の中に戻る決心をしました。

外からなにしても動かない枠。でも、中からだったら少しは変わるかもしれない。そういう思いがあるからです。

外から見なくちゃわからない、枠の狭さ。
それに気がついてもらうには、外から枠を眺めた人間が、中にもう一度入っていって中から語らねば意味がない。そういう気持ちもあるからです。

だから、会えて、自分では無意味にしか思えない研修も受けることにしました。
受けてみなければ、中に入ってみなければ、批判はできないからです。
実際受けたらいくらでも内容について語れるでしょう。でも、文書に示された内容見て語るだけでは説得力がありませんから。

7月の第1週から始まる「集団リハビリ」。
表面上は「任意」の必修研修を私は受けに行きます。

この経験も、きっとまたうつの記録ブログには良い題材として役に立つでしょう。今の学校教育の抱えている弊害を隅から隅まで知り尽くすための一つの方法として…。



スポンサーサイト
教育・学校 | トラックバック(0) | コメント(6)
この記事のURL
≪根本が、欠けている… お願い!一緒に祈って!≫
コメント
始めまして。とおりすがりのものです。違うサイトでブログをしております。たまたま、こちらのブログサイトに友達がいるので、見に来た時、コマちゃんのコメントがあり、そこから飛んできました。
私は三人の子供の母です。一人は障害児です。他の保護者よりもきっと教育関係者とたたかってきたと自負しています。(;^_^Aいやあ…一言では語りつくせないようなこといろいろあります。
今、先生たち、本当に大変な時代ですよね。
私自身、子供の頃長い間、先生に対する不信感や友達関係に悩み、不登校した生徒です。
コマちゃんさんがしんどい思いをつづられているこのブログ、また時々立ち寄らせていただきます。
そして、保護者として、かつての不登校の経験者として、改めて自分を振り返るキッカケにさせていただけたらなーと思います。
コマちゃん、ふぁいと!!o(∀≦*)〇
[2007/06/15 14:39] URL | おれおれめたぼっち [ 編集]
こんにちは、コメントありがとう。(o^-^o)
>おれおれめたぼっちさん

はじめまして。とおりすがりにもかかわらず、すごく熱いコメントお寄せくださってありがとうございました。m(__)m

不登校のお子さん、障害をお持ちのお子さんにとってやさしい教育とはかけ離れている現実を目の当たりにして、私は何とか自分のできることはやっていきたい、と思っています。

一人の力は小さいですが、仲間集めに頑張っています。いつかは同じ想いの人達と共に、本当に心を育てる教育、虐げられ、悲しむ思いをする子が少しでも減る教育を目指して頑張っていこうと決心しています。

めたぼっちさんのご意見もいろいろとおききしたいです。これからもどんどんコメントお寄せくださいまし。よろしくお願いします。m(__)m
[2007/06/16 00:29] URL | コマちゃん [ 編集]
息子が小学校に入り、授業の様子や行事での
先生の様子を見てると、本当に忙しそうです。
そんな中、よくやって下さってるな、と感心
しきりです。
でも、保護者からすれば、子供の成長の事を思うと、もうちょっとお願いしたい事もあり、今の
状態でそこまで言っていいものかどうか、悩んでしまいます。
人の手がもう少しあれば...と本当に思ってしまいます。
[2007/06/16 08:18] URL | のむら~ [ 編集]
本当に…
子供のこれからのことを思うと、「人の手を多くする」「人の目を増やす」ことがとても大切だと思うのですが…人員削減だなんだと言って、なかなか人数を配置してもらえません。

たとえ一人増えるだけでも、生徒にはかなりの目が行き届き、教師にはかなりの気持ち的余裕が増えるはずなんですが…なかなかそう行かないようですね。

親にも遠慮させてしまうようでは困りますよね。

多様な子供たちへの対応を求められる今、教師の定員ももっと多様になるべきだと思いますし、学校の対応も変化のあるものにすべきなんです…けどね…。

変わらないなぁ…という思いがむなしいです。(^_^;)
[2007/06/16 14:25] URL | コマちゃん [ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2007/06/20 12:05] | [ 編集]
内緒のコメントのかたへ
お返事したいんですが、内緒のコメントには書くこともできず、メールアドレスがないのでメールの返信もできず、です。

秘密にする気持ちはわかりますが、大切な問題なのでメールアドレス教えてもらうか、よかったら「公開」にしてもらえたらありがたいかな…。m(__)m
[2007/06/21 15:38] URL | コマちゃん [ 編集]
コメントの投稿














コマちゃんへの秘密のコメントにする

トラックバック
トラックバックURL
http://komacafe.blog6.fc2.com/tb.php/467-7f66f2cb
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。