スポンサーサイト
[--/--/-- --:--] スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
この記事のURL
             
機械だって生きてるよ。
[2007/01/29 01:03] 生活・自然
最近、ニュースネタ…それもほんとに「くだらない」ニュースばっかりで「愛国心」からますます遠ざかりそうな今日この頃。皆様いかがお過ごしですか。

今日の表題ご覧になったら何のニュースかおわかりの方も多いでしょうね。

「女性は子ども製造機」なんだそうですね。政府のお偉い方の見方は。

で、今日は昼ご飯を外食で息子と二人でとりながら、いかに日本の未来が暗いか、政治家の人たちの心の貧しいかを語り合っていました。

私は普段、子供たちにこう言っています。
「冗談でも何でも、言ってはいけない言葉がある。普段からそれを口に出していたら、言ってはいけない場所で口にしてしまうことがあるからそういう言葉は普段から言わないようにしなさい」って。

いくらあとで言い直したって、心の中で思っていることは正直に表面に出てしまいます。それは、言葉を大切に扱わなくてはならない政治家だからこそ、なおさら重く責任持ってもらいたいことでもあります。

こういう考えでいるんだろうな、ということは日頃のニュースや政策から読み取れないことはないですけどね…。さすがに口に出されるともうあきれてものが言えません。

この前も書いたけど、「美しい国」や「美しい心」を育てたかったら、「美しい言葉」を使えるようになってください。日本の国には、世界に誇るべき美しい言葉がたくさんあるんです。そういう言葉を愛することだけでも「愛国心」は育つと思いますよ。政治家の皆さんが率先してそれをやって下されば、別に教育基本法に盛り込まなくてもちゃんと育つものだと思いますけどね。


「美しい言葉」のひとつに、「方言」があると思います。
何とも味わいのある言葉たち。その地方で生まれ育った地方の言葉たち。「方言」を聞けば、いやでもその地方を思い出すし、懐かしい思いがわき上がってくるでしょう。それが「その場所を愛する」心なんじゃないですか?

私は今、地元のバンド「みずくれトーバンズ」に参加させてもらっています。

このバンドのすごく魅力的なところは、地元の須坂を応援しようと結成されて、そして持ち歌には方言が満載されているんです。「みずくれ」という言葉も方言です。

このバンドで一生懸命に頑張っていると、自然と地元須坂に対しての愛着がわいてきます。自分が須坂という土地に来て、縁があって、そこで仲間が出来て、こうやって応援ソングを歌う手伝いが出来る。

そうしたらもっともっと須坂という土地を大切にしたいという気持ちが大きくなってくるんですよ。

「国を愛する」気持ちって、こういうものじゃないでしょうか?


私は、子ども二人を製造した機械かもしれませんね。

でも、二人の子供たちは、少なくとも何が間違っていて、何が正しくてをきちんと自分で判断できるように育てています。そして、周りの人たちと一緒に生きていく道を自分で探せるように育てています。

機械にそれが出来ると思いますか?
そうするためには、どのくらいの心を砕き、どのくらいの時間と資金と心のあたたかさを持ってしなくてはならないか、考えてみたことはありますか?

少なくとも、私は「機械だって生き物だ」と思っています。
今使っているパソコンにだって、心はあるし生きていて私のために頑張ってくれているんだと感謝しています。

そういう意味で機械をとらえているのだったらまだわかりますけどね。
そうじゃないだろうということは、分かり切っているから悲しいですね。

「女性が機械」だったら、私達のために働いてくれている機械はなんなんでしょう?ただの「使い捨ての道具」ですか?

そう考える気持ちの連鎖の中には「思いやり」という言葉のかけらも見あたらないと思うのは、私だけですか?



なんだか最近は、本当に苦言ばっかりでブログ読み返すのも悲しいな。
そろそろ明るい話題について書きたいな。

あ…そうそう、須坂動物園の「ハッチ」くんの新しい家族のクララの産んだベビーちゃんの名前募集、明後日で締め切りですからみなさん、どうか「美しい心」になれる、「明るい未来」を感じ取れる名前をつけてやって下さいね。

よろしく~~~。m(__)m

「ハッチとクララの赤ちゃんの名前募集」

ついでに宣伝。
「みずくれトーバンズ」がオリンピックのスピードスケートの会場だったMウエーブでライブをやりますよ。
「ハッチ」の応援ソングもちょっとバージョンアップしてMウエーブバージョンで登場しますので、是非お近くの方はおいで下さいね。

みずくれトーバンズHP
スポンサーサイト
生活・自然 | トラックバック(0) | コメント(3)
この記事のURL
≪しばらくの間 「平等」と「公平」≫
コメント
まったく。
呆れてモノも言えないって、このことですね。
「わかりやすいように言った」そうですが、あり得ない。
あのオッサンは普段からそういう風に思ってたんですねぇ。
政府が少子化政策を叫ぶのなら、まず、女性国会議員やアベシンゾーの妻に産ませろって思いますけど。

「みずくれ」って方言なんだ!
「水をくれ」って意味かと思ってた。恥。
どんな意味なんですか?w
[2007/01/29 13:12] URL | とんこ。 [ 編集]
酷いですね。
本当に、あの発言は、酷い。
私は今日の朝、聞きました。
大臣の奥さんも、”製造器”なんでしょうか…
現内閣は、問題が多すぎで、いつ空中分解をするか分かりませんね。

「水くれ」標準語は「水やり」でいいのかな。
「水くれ」って言ってるなぁ(^^)
[2007/01/29 14:47] URL | 雲影 [ 編集]
うん
>とんこ。さん

「水くれ」ってね~、長野の方言で「水やり」なんだよ。お花に水をやるときのことを「水くれ」って言うの。

だから、夏休みに交代で学級園に水やりに行くのも「水くれ当番」なんだな~。(笑)

わかった?(o^-^o)

ま、もうせいじかというのは日本語の能力が欠如しているってことで。
まともな人には「政治家」って言う気にもなるけど、そうじゃないひとは「せいじか」で。(笑)漢字で書くのもおこがましいわ。(-.-#)

>雲影くん

ほんとだね~。
製造器だと思うならそれでも良いけどさ、ちゃんと機械の整備してくれよな~っておもうよ。

オイルやったり、点検したり、愛情注がないと機械だって壊れるんだよな。


[2007/02/12 08:00] URL | コマちゃん [ 編集]
コメントの投稿














コマちゃんへの秘密のコメントにする

トラックバック
トラックバックURL
http://komacafe.blog6.fc2.com/tb.php/420-a7550f2d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。