スポンサーサイト
[--/--/-- --:--] スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
この記事のURL
             
パタリロの呪い?
[2005/04/04 23:55] マンガ・アニメ
昨日の夜、いつものように寝る前の読書を終え、読みかけの本をベッドのヘッドボードの上に置いて、ベッドサイドのスタンドの電気を消した次の瞬間、左目に激痛が走った。

あまりの痛さに目を押さえてしばらく転げ回った。

私の目に激痛を与えた原因の本は、大きな音をたてて落っこちた。本の角がヘッドボードの上からまぶたに直撃したのだ。

少ししてようやく少し痛みが和らいできたので、電気をつけてみるとさっきまでの読みかけの本が転がっている。黄色い背表紙には奇妙な少年の絵の表紙。「パタリロ!」の文庫版の25巻だった。

文庫版は小さいとはいえ厚みがある。その角が勢いよく直撃したんだからしばらく転げ回るほど痛いはずだ。

「パタリロ!」はかつてアニメにもなったことがあるからご存知の方もいるだろうが、今は非常に希少価値になってしまった「少女マンガを描く男性作家」魔夜峰央氏のギャグマンガである。

最近、文庫本の40巻がでていたので懐かしくて1巻を買って読んでいたら息子と娘がはまってしまって、なんと30巻まで一気に買ってしまったのだけど、その25巻を読みかけで寝ようとした時の悲劇だった。

明けて今朝、鏡を見ると本に直撃されたところはかすかに内出血の様相を呈して青っぽくなって腫れていたが、今朝は出かけるところがあってあわててそのまま外出した。

午後、帰ってきて娘に「お母さん、真っ赤だよ」と言われてあわてて鏡を見ると、何と朝うっすらと青かっただけのまぶたが紫のシャドーを塗りたくったように変化していた。

片目だけ、パタリロに出てくる「バンコラン」というキャラのシャドーみたいなのだ。

明日は娘の中学の入学式なのに~、こんな目でどうしよう~、などと思いながらふと昨日私を直撃した本のサブタイトルを見たら・・・

「バンコランのそっくりさん登場の巻」・・・だって。(^_^;)

これはパタリロのいたずらかよ~~~~~!!!!

スポンサーサイト
マンガ・アニメ | トラックバック(0) | コメント(0)
この記事のURL
≪入学式 ダウン≫
コメント
コメントの投稿














コマちゃんへの秘密のコメントにする

トラックバック
トラックバックURL
http://komacafe.blog6.fc2.com/tb.php/25-fb6dab17
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。