スポンサーサイト
[--/--/-- --:--] スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
この記事のURL
             
ガラスの仮面ー悲劇の幕開け
[2005/10/05 03:38] マンガ・アニメ

第27話 見えない落とし穴
2005年10月4日放送
マヤを潰そうとする何者かがいる。しかしマヤはくじけず、類まれな演技力で危機を乗り越えていく。そのひたむきな姿に、いつしかマヤを憎んでいた女優達も妨害をやめた。マヤは舞台「シャングリラ」の主演に抜擢され、活き活きと稽古に臨む。その後ろに、辛い運命が待つことを知らずに…



あー、個人的な好みから言うとこの辺の展開はとても辛いのであまりじっくりやって欲しくないです。なので、出来るだけさくっとやって欲しいところ。コミックスでいくと15巻の後半から16巻の90ページまで。

その前に、主題歌がOPもEDも変わりましたね。

どちらもかなり「マヤと亜弓」を意識した作りかな。メロディーは前の歌になれていたのでもうちょっと聴いてみないと分からないけど。

さて、マヤのお母さん。大都芸能によってというよりも、速水真澄によってマヤの宣伝のために監禁状態になっていますが、その話を立ち聞いてしまいマヤに会いに療養所を抜け出します。そして、見えない目でさまよううちに…いや、ひどいものですよね。お母さん、ひき逃げにあうんですから。そしてマヤの主演映画が公開されている映画館にたどり着いてマヤの声を聞きながら息を引き取ります。

あー、もうこれ以上は悲しくて書けません。

マヤの後釜を狙う乙部のりえにとっては「チャンス到来」。ということで黒い陰謀が動き始めるのです。マヤは母の死のショックから、そしてまわりもその混乱の中でどんどん歯車がくいちがいはじめていくのです。

で、今回の出来は、まあまあでしょうか。ただ、マヤが冷たくなった母親の横で自分の演技を見せる場面では、もっとマヤの毅然とした演技を光らせて欲しかったです。

真澄さんの気持ちの描かれ方も弱いかなぁー。この出来事が、マヤに惹かれていく真澄さんの大きなブレーキになるのですから、もっと真澄さんの苦悩を激しく描いて欲しいです~。

あと、お母さんのお葬式の場面がカットされたのは残念でした。「初恋宣言」の相手の里美さんの出番がほとんど無い。これはどうも気に入りません。そもそも、里美さんのビジュアルが格好良くないのがもっといけません。どちらかというと、粘着質な桜小路くんに対して、爽やかでそれでいてさりげない優しさを持つ里美さんにマヤは惹かれたのに、その良さが全然見えないので「マヤの初恋」がまったく重みがないし、その「初恋」の大好きな里美さんの電話にも出ない、というマヤの悲しみも軽くなっちゃっているような気が。

…と、文句ばっかり書きましたけど、一番はこの話の暗いところだけに良い所って思いつかないのが大きな要因かも。でも「あのマヤ」が演劇が出来なくなるくらいにずたぼろになるのだから、ショックをもっとはっきり描いて欲しかったという気持ちです。

さて、来週、再来週は亜弓さんの見せ場がありますねー。亜弓さんがぐっと出てくるところだけに、期待が大きいです。楽しみです。

マヤは…早く元気になってほしいよー。



第26話感想  第25話感想  第23話感想  第19~22話感想  第17~18話感想  第16話感想  第15話感想  第14話感想  第13話感想  第12話感想  第11話感想  第10話感想  第9話感想  第8話感想  第7話感想  第6話感想  第5話感想  第4話感想  第3話感想  第2話感想  第1話感想

ガラスの仮面公式HP
スポンサーサイト
マンガ・アニメ | トラックバック(0) | コメント(0)
この記事のURL
≪女王の教室に思うー3- 女王の教室に思うー2-≫
コメント
コメントの投稿














コマちゃんへの秘密のコメントにする

トラックバック
トラックバックURL
http://komacafe.blog6.fc2.com/tb.php/237-be4c181e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。