スポンサーサイト
[--/--/-- --:--] スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
この記事のURL
             
突然の出来事
[2005/09/20 00:14] 生活・自然
日曜日の朝。
隣の家に救急車が来て誰かを乗せていきました。

誰だろう?何かあったかなぁ?
お隣のおばあちゃんもお年だから、急に具合でも悪くなったんだろうか?

だんなと二人で心配していました。

月曜日の朝。

玄関のチャイムが鳴って隣組の組長さんが来ました。
お隣のご主人が、亡くなったとのことでした。

お隣のご主人?まさか?

お隣の家族構成は、おばあちゃんと息子夫婦、そしてうちの長男と同級だった中3の男の子、娘と同じ学年だった中1の男の子、そしてまだ小さい小2の男の子。

我が家でもこの1月にだんなのお父さんが亡くなったので、真っ先におばあちゃんの心配をしたのですが、大黒柱のお父さんが亡くなってしまったとのニュースに驚いてショックを受けました。

土曜日は、小学校の運動会がありました。
単身赴任のお父さんは、その運動会を見に行くので帰ってきていて、翌朝倒れてしまったそうです。くも膜下出血…。あっという間の出来事でした。

お年を聞くと、まだ主人や私よりもお若かったそうで、体の弱い奥さんの悲しみはいかばかりかと思うと本当に何とも言えない気持ちになりました。

夕方のお通夜には、私は体調が悪いので、主人が行くことになりましたが、息子も「ぼくも行く」と言って主人と出かけていきました。

お隣の息子さんとは中学になってクラスが違っても、一緒にテニスしたり遊んだりと仲が良かったので、特に行くようには言わなかったけれど、自分から行こうと思ったようでした。1月におじいちゃんを亡くして、その悲しみを知っていたからなおさら友だちの悲劇を心配したのでしょう。

いつ、何があるとはわかりませんけれども、あまりに悲しい出来事に、自分のだんなを抱きしめてしまいました。

突然すぎる別れ。どうしたら悲しさや苦しさを紛らわせてあげられるのだろう。家族を残していってしまったご主人も心残りがいっぱいあるだろうに…。言葉がありません。

どうか皆さん、自分の命を大切に…。
スポンサーサイト
生活・自然 | トラックバック(0) | コメント(0)
この記事のURL
≪秋の新ドラマ期待度は? 巧さん…いま、会いにゆきます≫
コメント
コメントの投稿














コマちゃんへの秘密のコメントにする

トラックバック
トラックバックURL
http://komacafe.blog6.fc2.com/tb.php/221-ef12374f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。