スポンサーサイト
[--/--/-- --:--] スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
この記事のURL
             
電車、帰ってこい!>電車男
[2005/09/17 18:43] ドラマ・テレビ
電車男、最終章

自分がエルメスとのなれそめからすべてを掲示板に書き込んでいることを告げようとした電車は、エルメス宅を訪れるが、陣釜から弟を経てすでにその事を知ってしまったエルメスは、「もう会わない」と電車を拒否する。ショックを受けた電車は、掲示板に「ぼくももうここには来ません」と書き込んでパソコンの電源を切る。

しかし、パソコンの向こうで住人たちはその電車の結末にショックを受け、そしてその思いは「俺たちで電車にまた呼びかけよう」という動きになっていった。

休日の秋葉原をオタク仲間と歩きながらもエルメスのことが頭から離れない電車は、最初は皆の必死な呼びかけにも気づかないが、ネットラジオで「電車」と「エルメス」を応援する声をきっかけに周りを見回し、みんなの様々な呼びかけに目を見張り、心動かされ再び掲示板に。

一方、傷心のエルメスだったが、後悔する陣釜とエルメスの弟のやりとりを聞いて掲示板をのぞいた友だちの気持ちと、掲示板住人からの応援を受けた電車からの留守電を聞いて、パソコンを立ち上げ、掲示板を開く…。




ここのところ、忙しい毎日と、もどかしい二人が疲れちゃうためちょっと間があいた「電車男」ですが、最終章、というふれこみにあれ?最終回だっけ?と思って見てしまった視聴者です、私。

(それに、「がんばった大賞」も見たしね。電車、大賞を取っていましたね。)

今回はツボに入ったのが陣釜さんとネット住人。

陣釜さん、あんたのつっぱしりっぷりは見ていてすがすがしいよ。最初はただの切れキャラかと思っていたんだけど、エルメス弟にくってかかったり、良い子キャラから急に地を出して怒鳴ったり、電車を襲ったり、いやー、白石さん、良いですね。もしかして、あれが白石さんのほんとの地だったりして。(^_^;)

電車を襲う時に電車の上にまたがって、ボタンをぶっちぎってシャツをはだけたところは大爆笑でした。ちゃんと電車の気持ちも思いやりながらもやってることはめちゃくちゃだし。でも、やっぱり一生懸命ネットでの電車の気持ちを応援してるし。

もこみちくんとやり合ったあとで、お店を出がてら関係のないお客にあたって顔をバッグで殴っていくとこなんかも、陣釜さんらしくてよかったー。ほんとにやられる方はたまらないけどね。


も1つのツボは、ネット住人の必死さでした。私も同じ気持ちを持ってネットやってたから、すごく良くわかったです。

そもそも、自分のパソコン歴はけっこうなもので、年がわかるけど今はだんなになる人と結婚する前にいじった「マイコン」というやつが面白くて機械いじりにはまり、仕事の関係からワープロを使いこなし、その延長で早くから「パソコン」にも触れるようになりました。まだ、パソコンは白黒で、画像を送るのにものすごい労力がかかり、もっぱら文字通信が通信手段だった頃でした。

インターネットなんて夢のような金持ちが道楽でやるような時代でした。「パソコン通信」のネット世界に入り込んで、マフィンネットで「絵文字」を知り、ニフティをのぞき、そこの「会議室」で知り合ったメンバーと文字を介して知り合って、チャットしたりオフしたり。今もまだ交流が続いています。通信やっている時は電話線を使うので、電話料もかかったし電話も使えなかったし、時間もかかったし、お金もかかったけどすごく楽しくて生活の一部でした。

何よりもふしぎだったのが、面と向かって会ったことがない人たちだったけど、それだからこそ見かけに惑わされることなく「文字」を通して通じてくる相手の「本音」を感じることが出来たことです。

いろんな人がいたけれど、何とか文字で自分の気持ちを相手にわかってもらおうとする中で、画面の向こうの人の気持ちを最大限受け止めようと一生懸命な自分がいました。そんな自分を受け止めてくれた会議室の仲間たちは、今でも大切な友だちであり、私の世界を広げてくれた大事な人たちでもあります。

今回の電車を見ていたら、「おまえら、ありがとう」という電車の気持ちや「電車、戻ってこい」「電車、あきらめるな」「頑張れ、電車」と画面の向こうの見知らぬ友だちに呼びかける姿が自分とも重なってなんだか感動しました。

「おまえらがいたから、ここまで来れたんだ、あきらめないでいられたんだ」それぞれの言葉に励まされ、元気をもらっている全国の「仲間」たち。ネットの交流は怖いこともあるけれど、でも一生の友達を得ることもできる。秋葉原のあちこちを一色に染めた「電車」の文字にけっこう感動しちゃいました。

きっとエルメスも、掲示板の中での「電車」の真実に行き着くことでしょう。二人でアンドロメダ行きの電車に乗って幸せになってください。


第3話 感想
第2話 感想  
第1話 感想

電車男 HP
スポンサーサイト
ドラマ・テレビ | トラックバック(7) | コメント(0)
この記事のURL
≪女王の教室~仰げば尊し ドラゴン桜「それも正解」≫
コメント
コメントの投稿














コマちゃんへの秘密のコメントにする

トラックバック
トラックバックURL
http://komacafe.blog6.fc2.com/tb.php/218-8ce5592b
【電車男】第十話~陣釜さん最高!~
木曜日にリアルタイムで見て、もう一度今日も見直してしまって、浸ってました。やっぱり白石美帆サイコー!前回が、頭突きだったので、今回はプロレス技でもかけるかと思いきや、ゴーカン未遂ですよ!押し倒しましたよ、電車を!予想外の大展開に、大爆笑ですよ....
会社を辞めたいOLの秘密基地[2005/09/17 20:26]
電車男 第10話
『最終章!奇跡の大逆転』 「アネキはあの山田って男に騙されてたんだ。  あの野郎、アネキのことネットでバラしてたんだよっ!  アネキとの出会いとかアネキのトラウマを、  面白おかしく日本中にばらしてバカにしてたんだよっ!」 弟・啓介(速水もこみち)の言葉に驚.
どらま・のーと[2005/09/18 08:49]
【ドラマ雑感】 電車男 (第10回) 「最終章!奇跡の大逆転」ネット住人大集合
 沙織(伊東美咲)は弟の啓介(速水もこみち)から、自分と剛司(伊藤淳史)のことがインターネットの掲示板に書き込まれていることを知らされる。ショックを受けた沙織は、剛司に別れを告げる。その報告に衝撃を受けながらも、剛司の健闘をたたえる掲示板の住人たち。剛司は沙織
気ままなNotes...[2005/09/18 09:08]
電車男(第10話)見たよ
バイトだったんで最初の30分見られなかったDEATH。次回、かなり面白げな最終回の予感ですが、案の定人手不足でバイトに入れられて、しかも残業の予感なので、その上オンエアの翌日
わにわにしちょし[2005/09/18 16:25]
フジテレビ「電車男」第10話:最終章!奇跡の大逆転
今回もテレビドラマ・オリジナルのストーリー展開ですが、語られている内容は、これまでの回で一番薄かったのに、ドラマとしては、これまでの回で一番見応えがありました。
伊達でございます![2005/09/18 20:14]
電車男・第10話
第10話の放送を前に、フジテレビ系で「NG名珍場面5000番組10万人総出演!!がんばった大賞V(第5回)」が放送されました。当日スタジオには、このドラマに出演している伊藤淳史くん、伊東美咲さん、白石
あずスタ[2005/09/21 03:37]
ドラマ『電車男』最終回の感想??
 今日は3連休の前夜ということで、ドラマ『電車男』の最終回を堪能w  ま・・・、このブログを見テル人は(ワカリマスヨネェ~?)"( ´,_ゝ`)"  ここ を見ると結構見てない人でも、大体のことはわかる気がする・・・。  それでもわからんぅ~wという輩
《偽装》近藤利一の雑記 ! !(別館)[2005/09/23 05:19]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。