スポンサーサイト
[--/--/-- --:--] スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
この記事のURL
             
女王の教室#9 どうしたの?真矢…
[2005/09/04 03:24] ドラマ・テレビ
どうしてぇぇぇ~~~~???×2

今日はですね、女王の教室と積み木くずしを録画予約して、テレビでは「ふしぎ発見」を見てたんですよ。

昨日の夜、「オペラ座の怪人」をDVDで借りて、途中まで見てあったので、だんなも娘も今日のふしぎ発見がこのテーマだから見たいというので見てたんですね。

そこで第1問、じゃなかった、第1回目のどうしてぇぇ~~?が起きました。

30分ほどたってふと見たら、HDDレコーダーの録画ランプがついて無いじゃないですか!あわてて切り替えてそこから録画したので、後半しか録れなかった…o( _ _ )oショボーン

ということで前半部分はHPで確認しましたが、ストーリーは今回は書けません。すみません。orz

録画は男子3人組が職員室に忍び込むところから始まりました。

どうやら、3者面談をやってそれぞれの子供が「親のいうことを聞きなさい」と言われたようですね。子供たちはその真矢の脅しのもとになっている「自分たちの弱み」がつまっている真矢のパソコンのデータを消そうとしたのですね。

しかし、あの真矢がデーターバックアップくらいはしているだろうと思ったら案の定、成功だと喜ぶ子供たちの前に現れて、「その程度のことしかできないのね」と無駄な努力だったことを告げるのでした。

がっかりする子供たちだけど、和美は「こんなんじゃ、真矢に勝ったって言えないと思う」と。

「親は私たちのこと、わかってくれないけど、私たちもわかってもらおうとする努力してこなかったよね」

今まで、ほんとに苦しんで、でもその苦しみを乗り越えたことで本当の喜びをたくさん感じてきた和美だから、真矢と最初から真剣に対してきた和美だから、彼女だけが「本当に真矢に勝つには」真矢が握っている弱みにも負けない方法を思いついたのでしょう。

弱みに負けないためには、弱みから逃げずに直視し、それを見つめてどうしてそうしたのか自分で考え、どうしたらそこから変われるのか自分で考え、自分で立ち上がるしかないんだと。

参観日の日、たくさんの親たちを前に、「お家の人に言いたいことのある人」と投げかけられてすっと手をあげ、立つ和美は母親に向かって「ごめんなさい」と一言。前にお母さんにウソをついたこと、お姉ちゃんばっかりかわいがって大切にされて寂しかったこと、お母さんに対しての今までの思いを淡々と告げ、自分の考えで道を切り開いてみたいと告げるのでした。

物語の初めには、両親の諍いや真矢から課された課題の重さを「きひっ」と笑って元気なふりをして流してきた和美は今はもう、その課題を真正面に据えてごまかすことなくはっきりと自分の思いを伝えられる子になりました。その言葉の中に出てきたように、「先生が教えてくれた」自分で立てる子供になってきたんですね。

苦しかったけど、悲しかったけど、でも真矢の言葉はちゃんと和美の中に残って支えていたのですね。

その後次々と立ち上がる子供たちの言葉は、親から逃げないで、自分からも逃げないで頑張りたい、と言う決意が感じられました。ただわがままを言うのではなく、自分で決めた言葉だから親の心を打ったのでしょうね。

由介のおじいちゃん(おばあちゃんって呼ばなくちゃ怒られる?)も来ていましたが、あのおばあちゃん、和美との絡みといい今回の出番といい、いい味出していますね。「いいクラスね」という言葉がとても暖かかったです。その時のマヤの顔もすごく素敵でした。

でも、「先生がいいからかしらね」というのは言わせすぎかなぁ?きっと、視聴者やスポンサーのクレームに耐えかねて付け加えたのかもしれないけど、あの一言がない方がわざとらしくなくてよかったな。

「先生を辞めない」と父に言い張った天童先生もまた、真矢に自分自身を見つめ直す、教師という仕事に向かい直すきっかけをもらったのでしょうね。

しかし、教室の母親たちの中の中にいた一人が職員室に行って名刺を差し出します。「東京都教育委員会」と書いてあったその名刺…もしかして偵察に来たの?天童先生のお父さんと真矢との関係は?

そしてラストにもう一つのどうしてぇぇ~~~~~?が。

教室を片づけて帰ろうとする真矢がふらついて…その後何事もなかったように教室を去るけれど、真矢の体は何かあるの?

最終回に向かって、そして和美たちの卒業に向かって残り少ない中、真矢の過去と真矢の謎、子供たちの動き、ますます気になります。

ああ…………つくづく前半録画し損なったのがくやしいぃぃぃぃ!!


第8回感想  第7回感想  第6回感想  第5回感想  第4回感想  第3回感想  第2回感想  第1回感想  
女王の教室ーもっと議論を

女王の教室 公式HP





スポンサーサイト
ドラマ・テレビ | トラックバック(2) | コメント(3)
この記事のURL
≪いま、会いにゆきます#9 次回最終回? わたし、人妻なんです…けど…≫
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2005/09/04 15:26] | [ 編集]
女王の教室のビデオ録画失敗そ手しまいました.積み木くずしとかぶったので、前回の放送が見れずに気になって,録画した人さがしています。よかったら、ビデオ送って欲しいです.お願いします。
[2005/09/08 20:26] URL | しおじ [ 編集]
>しおじさん

私も半分しか録れていないんですよ。

なので、送るほどの分がありません。半分でも良かったら送りますが…

かえって、見られなかった前半がもっと気になって眠れなくなるかもです。
[2005/09/14 01:25] URL | コマちゃん [ 編集]
コメントの投稿














コマちゃんへの秘密のコメントにする

トラックバック
トラックバックURL
http://komacafe.blog6.fc2.com/tb.php/203-f9188c3d
女王の教室 第9話
この物語は 悪魔のような鬼教師に 小学6年の子供たちが戦いを挑んだ 一年間の記録 今日のオープニングは、馬場ちゃん!? 新聞のサブタイトルは、『鬼教師への刺客』。 今回のオープニングの映像、真矢が教室の隅で片付けているとき ふっと倒れていくような感じに。 これ.
どらま・のーと[2005/09/07 01:43]
『女王の教室』第9話感想
今回はよかったです。とっても。ネタばれは極力してません。しないで書けることを書きます。まぁ、いつもどおり、「おいおい」って思うことはありましたが、このドラマのテーマが見えたことは(一応)評価すべきだと思います。ちょっと今までの流れがなんというか、もうちょ
つれづれなる・・・日記?[2005/09/11 23:02]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。