スポンサーサイト
[--/--/-- --:--] スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
この記事のURL
             
金八先生・・泣いた。
[2005/03/27 22:14] ひとりごと
ビデオにとっておいた金八先生の最終回を見た。

泣いた、泣いた。
生徒も、先生も・・・見ている私も。

「卒業式」というのはそうでなくても泣けるシチュエーションだ。大切に見守った生徒の巣立つ式。今までの喜びも悲しみもすべてが思い出として鮮やかによみがえる場。

しゅうと一緒に卒業を迎えようとひたすら待つクラスメート。
先生のためにと一丸となって自分たちの思いを伝える生徒たち。
離れていても、心を合わせて一人ソーラン節を練習するしゅう。

最後はきっと、本気でみんな泣いてたんだろうね。
その一つになった心がお互いの思いと寄り添いあい、一人一人の心を育てていく。金八先生の心も含めて。

なんだかんだいっても、金八先生は幸せだと思う。
自分の熱い思いを認めて見守ってくれる同僚がいて、心の叫びを真剣に受け止めて変わっていく生徒たちがいる。

やよのように「先生がいたから、学校、楽しかった」と言ってもらえることがどんなに幸せか。「先生、やめないで」と真剣に訴える子どもたちがいることがどんなに幸せか。

生徒を見守るのは先生の役目だけど、生徒に育てられ、気力をもらえるのは先生の喜びであり、財産なんだよね。

「今からがスタート」といって新しい生活へと飛び立っていった生徒たち、それは金八先生も同じことだった。

しゅうの新しい旅立ちも、喜びにあふれたものではなかったけれども、納得のいくものだった。
今回のテーマのひとつである「ドラッグ」の恐ろしさを訴え、「命」の大切さ、「生きる」ことの尊さを伝える最終回だったんじゃないだろうか。

スポンサーサイト
ひとりごと | トラックバック(2) | コメント(2)
この記事のURL
≪プロの仕事 オフ会の楽しさ≫
コメント
TBありがとうございます。
しゅうの最後はあれでいいと思います。あれでないとだめだと。
そんな世の中甘くない!当然の処置です。
本当にシャブはだめ!
また、来ます。
[2005/03/29 00:57] URL | k_kyj [ 編集]
>k_kyj さま

コメントどうもです。
しゅうの結末、単なる感動にはしらず、ドラッグに対するけじめもきちんとつけていたのがよかったですよね。

「ドラッグは許せない、子どもを守りたい」という真剣な思いが感じられました。 k_kyj さんに同感です。
[2005/04/05 00:45] URL | コマちゃん [ 編集]
コメントの投稿














コマちゃんへの秘密のコメントにする

トラックバック
トラックバックURL
http://komacafe.blog6.fc2.com/tb.php/17-5e2de21d
金八先生 最終回
ビデオに録ってた「3年B組金八先生」の最終回を見た。いや~、泣きまくったね。誰にも見せれんような顔しとったで。最後のほうはそれまでに泣きすぎてもう泣けんようになってたし。 ドラッグの怖さを改めて教えてくれたのはもちろんだし生命・愛・友情の大切.
少年のひとりごと。[2005/03/29 07:28]
きんぱっつぁ~ん
やっとこさ金八先生の最終回が見れる。4時間だから、いっきに見るのに時間がかかってしょうがない。今日はリアルタイムブログをやってみようと思います。それは。。金八のビデオを見ながらブログを書くということ。斬新!?かなぁ~とか思いつつスタート
ありのままに[2005/04/03 18:57]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。