スポンサーサイト
[--/--/-- --:--] スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
この記事のURL
             
アタック&恋おち
[2005/06/17 23:57] ドラマ・テレビ
木曜ドラマの感想いきます。(あらすじはカット。)

★「アタックNO.1」第10話 最後の私のチャンス背番号1番の涙… ★

うーん、ほんとにドラマの作りは昔風のままです。
これかこれかというくらいに試練が降りかかってくる。
今回の試練は、「世界ユースで優勝できなかったら選手全員バレーをやめる」との宣言。それとポジション争いとの兼ね合いでやめようとする友だち。そしてこずえ自身の故障。

いやー、こずえが突然「魔球」をあみ出したのには驚きましたけど、あれは足の故障の影響なんでしょうか。あまりに唐突なのでいまいちすごさが霞んでしまいました。みどりに「凄い」って言われて「え、そう?」ってあなた・・・。

魔球ってなんか、巨人の星とかサインはVとかでものすごい練習と苦労の末にあみ出されていたけど、あっけなかったです。
せっかく、こずえの故障をみんなに本郷が知らせた時に雷がドーン!って演出するんだったら、もっとみんなが見ている前でばーんと魔球を決めて「ドヨドヨ」ってするくらいの演出して欲しかったなぁ。

こずえの足の痛みも、足引きずって練習するんじゃなくて突然練習中に倒れるとかね。猪野熊の必死な顔見て「なんか大変そう?」って感じよりも「うわ、やっちゃった」って感じにすればいいのに。

筋書きが昔ながらなのに、演出は現代風のあっさり目なのでなんかちぐはぐな感じでした。

こずえは手術室に向かうけど、「故障の大変さ」がわからなかったので(こずえ、そんなに痛そうじゃないし)「まあ、治るんでしょうね~」くらいにしか思わなかったっす。

せっかく猪野熊が筋書きにぴったりのめちゃくちゃ鬼監督ぶりだったのに、他の「現代風」な皆さんがあっさりのため「ハードさ」が、次から次への「不幸」が、薄くなっちゃっているんですねぇ。残念。

第9話感想  第8話感想  第7話感想  第6話感想  第5話感想

公式HP


★「恋におちたら」第10話 告白★

島男くんのへたれっぷり。自分のことを自ら「負け犬」と言い切って香織にもひどい言葉を投げつけ、「もう会わない」と言って居留守を使う。うーん、ほんとにいじけっ子です。

一方、高柳はかつてのつてを頼りに端から頭を下げてまわります。自分の企画を認めてもらおうと必死です。通勤バスにさえ揺られちゃっています。以前突き落とした社長にはこっぴどく罵られます。

そんな高柳を毎日毎日献身的に支えるのが七海。
その献身ぶりがほんとに愛おしい。あんないい女につれなくした高柳ですが、見捨てられなくて良かったね。ずっと愛してくれていて、良かったね。

同じく、香織も島男を見捨てません。何とか立ち直ってもらおうと、一生懸命に励まそうとします。こちらも哀しいくらいに献身的。あんな言葉を投げつけられても、怒りもせずにただただ信じています。

一方、フロンティアでも、仕事重視で熱血だったけど自分たちを信じてくれた高柳、島男に思いをはせる社員達。桜庭の思うがままに操られている新社長は、社員の苦労も考えず、「すべては無駄なこと」と言ってあっさりと切り捨てる。そんな社長に「やめます」と言ってにっこりと名札を差し出す神谷の笑顔が素敵ですねぇ。

結局、高柳、七海、香織らの説得や励ましと、龍太・まり子の思いやりのある支えをやっと感じ取って、島男くん復活!ですね。
でも、まだ表情は最高の時までは戻っていませんが、この話で島男くんの表情がどんどん変わるのには感心しました。目を見ているだけで島男くんの状態がほんとによくわかりました。草薙くんの演技には目を見張る物がありました。

・・・しかし、あの冷徹&落ち込み情けない島男くんを見た娘はすっかり島男くん派から高柳&神谷派になってしまいました。

このドラマで一番応援したいと言ったら、やっぱり高柳さんですねぇ。人間味が加わった彼はいっそう重厚になってきた感じです。

島男の自宅のねじ工場は、新しい高柳・島男・神谷の会社に生まれ変わりました。活気をおびた職場に、香織も入社希望、とやって来ます。いつの間にやら混ざっているまり子と龍太がおかしかった。

最後にみんなで記念写真を撮りますが、私、シャッターがおりる直前に宮沢あたりが飛び込んでくるんじゃないかと思ったけど、違いましたねぇ。まあ、いずれは喜んで仲間に入るとは思いますけどね。

ここまでは、予想通りの展開でした。次回、どうやって高柳達が「僕たちの物だったフロンティア」を取り戻すのか、そのあたりに期待してみてみようと思います。

第9話感想  第8話感想  第7話感想  第6話感想  第5話感想  第4話感想

公式HP
スポンサーサイト
ドラマ・テレビ | トラックバック(7) | コメント(5)
この記事のURL
≪母の悩みに思うこと ガラスの仮面#11≫
コメント
こんにちは。TBありがとうございました。
一度どん底を見た高柳や島男が、再び這い上がり地位や名誉を手に入れたとき、
どんな人間に成長しているのかが楽しみです。
神谷さんのあのすがすがしい笑顔、素敵でしたね!
[2005/06/18 09:55] URL | ちーず [ 編集]
「気ままなNotes...」へのコメント&TBありがとうございました。
 主人公がずーーっと"いい人"キャラを通せば、それはそれで良かったのですが、結局そうでは無い面を見せてしまったことで、魅力がなくなってしまいました。
 今は高柳や神谷の方が、確かにいいキャラのような気がします。
 あと、七海がけなげですね。香織よりも。
[2005/06/18 14:19] URL | pixy_japan [ 編集]
TBありがとうございました

こちらからはアタックNO1の記事もお返ししますね

両方とも次週が最終回ですか
セットアップのような回でしたが
いよいよ次週どう結末を迎えるのか
楽しみですね
[2005/06/18 16:17] URL | テレビウオッチャー [ 編集]
見たいと思いつついつも忘れてしまうのでこのページであらすじや雰囲気をチェック(^_^;) 最終回は必ず録画するぞぉ~
[2005/06/19 19:21] URL | 加来さん [ 編集]
>ちーずさん

高柳さんと神谷さんはすっかりお気に入りキャラです。3人でヒルズを見上げたところ、よかったですよね。どん底に行っても、お互いを認め会える仲間がいるって強いですね。

>pixy_japanさん

そうなんですよね。島男くんのキャラの描き方があまりにも強引だったかなと思います。だもんで、感情移入できなくなったんですよね。その点で、香織さんの気持ちよりも、七海さんの方を応援したくなっちゃって。

>テレビウオッチャーさん

アタック・・・の方はせっかくバレーが題材なのに、設定を生かし切れていないのが残念です。恋に・・・の方は、「ヒルズに恋」をしているのと「人に恋」しているのをかけているのかもしれないけど、島男くん視点だとぼけちゃいますね。

>加来さん

最終回、録画できました?何か、もっと島男くんの描き方が違うとよかったのになぁって思いました。ねじ工場で、やちゃさんのこと思い出していた私です。(^_^;)
[2005/06/28 01:20] URL | コマちゃん [ 編集]
コメントの投稿














コマちゃんへの秘密のコメントにする

トラックバック
トラックバックURL
http://komacafe.blog6.fc2.com/tb.php/123-f9ba531f
●恋におちたら~10『告白』
本日2件めの記事です。恋におちたら~10『告白』を、見ました。社長の座を追われてしまった島男(草薙剛)は、すっかり気力もなくなっていた。心配した香織(松下奈緒)が尋ねて来ても、居留守をつかったり、あげくは、「もう、逢わない」と言ってしまう。…新事業に着手する
ルーのTVビバ★ライフ(漫画イラスト発信中)[2005/06/18 02:21]
恋におちたら 第10話 『告白』
鈴木島男(草なぎ剛)は、高柳徹(堤真一)の忠告もむなしく 『ロイドブラザーズ』の桜庭智明(鶴見辰吾)に『フロンティア』 代表取締役の座を奪われてしまった。 それからの島男は、気力とやる気を失ってしまう。
どらま・のーと[2005/06/18 09:48]
【ドラマ雑感】恋におちたら~僕の成功の秘密 (第10回/全11回)
 このドラマが自分はイマイチだと思うのは、序盤の強引すぎるありえない展開と、ライブドアを目の敵にしたかのようなIT企業への偏見を押し付けてきたことで、嫌悪感を感じたことにある。そして、この数回、このドラマが「やってはいけなかったこと」をしてしまい、とてもい
気ままなNotes...[2005/06/18 14:01]
恋に落ちたら第10話
社長の座から引きずり下ろされた草剛さん演じる島男は落胆で全くやる気のない状態松下菜緒さん演じる香織が会いに家まで来ても会おうとはしない谷原章介さん演じる神谷はロイド配下の役員達に意見をもみ消されついにフロンティアを退職してしまう一方怪我が癒えた堤真一演
テレビウオッチャー[2005/06/18 16:13]
アタックNO1第10話
日本代表メンバーが揃った先週今週は堀越英一郎さん扮する鬼監督猪野熊がとんでもない事を言い出したなんと負ければ選手全員バレーを辞めると・・・しかもマスコミが多く取材に来ているさなかの発言・・・そっそんな強引な(爆)しかし話しの流れはその方向に行くようでこの
テレビウオッチャー[2005/06/18 16:15]
恋におちたら 第十話
『告白』社長を解任された島男(草なぎ剛)は、香織(松下奈緒)が来ても追い返したり会おうとせず、何にもやる気がだせずにいた。高柳(堤真一)は新しい会社を立ち上げようと、今まで取引していた会社を回るが、まったく相手にされなかった。パートナーを見つ...
てれび日和[2005/06/18 16:19]
「伝説のロックバンド」と「アタックNo.1」
あの伝説の女性ハードロッククループSHOW-YAが、デビュー20周年記念で再結成する 80年代~90年代の女性バンドブームを築いた伝説のバンドです じつは私、あの「プリンセスプリンセス」よりこっちのほうが好きでした ロックはそんなに好きな方じゃなかったのです
日々ニュース&ティータイム[2005/06/18 22:17]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。