スポンサーサイト
[--/--/-- --:--] スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
この記事のURL
             
ドラマ短観
[2005/06/06 01:08] ドラマ・テレビ
ここのところ体調が悪かったり忙しかったりして撮りだめしていた諸々のビデオを見ました。
ストーリーはいろんなブログでもうアップされているので、短く感想のみアップしておきます。

<木曜日>

「アタックNO.1」第8話 

やっとスポーツものらしくなってきたかな。それにしても、1話のうちで3回も病院に関わるエピソードが出てくるのは多すぎかも。努くんの家も大変ですね。次回助かるのかどうか?
「子どもを助けて自分が事故に」ってパターンは物語では良くあるパターンなので今ひとつインパクトに欠けるな。あだち充の「タッチ」は衝撃的だったけど。

上戸彩の演技は今ひとつしっくり来ない。アタック決めたあとのガッツポーズと笑顔もいちいちうざったいし、あのしゃべり方もスポーツマンらしくない。だからバレーのシーンがなんだか上っ面の感じで燃えないんだよな。って言うか、メンバーがみんなあれだけのトレーニングをこなせるだけの体に見えない。だから「良い試合だった」って言ってるけどそれほどに見えないのが残念。でもまあ、とりあえずキャプテン復帰おめでとう。あと、猪野熊さんのやってたことは、やっぱり本郷先生がやるべきことだったわけで。「おまえは甘い」って言う猪野熊のセリフは納得。

第7話感想 第6話感想  第5話感想

公式HP

「恋におちたら」第8話

娘が怖がって消してしまった冒頭を少し見た。確かに顔が違う。草薙くんの迫真の演技にちょっと寒気がした。せっかく用意してもらったお祝いの席も電話で中断だし、笑顔がぐっと減ってた。

・・・で、そこまで見て、都合でビデオ止めておいたら間違えてその上に「あいくるしい」を撮ってしまった・・・(泣)続きは見ることができなかったんだけど、公式HPにあらすじ見るとやっぱりあのヘッドハンティングの人と組んで会社乗っ取っちゃうのね。そこまでいっちゃったんだ。高柳社長は今までやって来たことが自分の身に降りかかってきて、「同じやり方」で島男にやられちゃった。だけどこれじゃ「鈴木島男」の勝利じゃないよね。あのニコニコの笑顔の島男くんじゃなくちゃ、「高柳のやり方」に勝ったとは言えないね。いつかまた、高柳と同じように蹴散らされる。島男はどこまで行くんだろう。あの笑顔が戻るのは、「社長」としての島男か、「肩書きをなくした」島男になってからか。行方が気になるところです。

第7話感想 第6話感想  第5話感想  第4話感想

公式HP

<土曜日>

「瑠璃の島」第8回

島は、「雨降って地固まる」で落ち着きと団結を取り戻しつつあった。照明の死はそのきっかけにはなったのか?やっぱりまだ納得がいかないんだけど、でもまあ、みんなの心が、島への思いが再確認されてきたってことはよかったと思う。それぞれの人の心の動きも丁寧に描いてあったし、つっこみどころもあるけど、それはまあ「ドラマだから」で許される範囲だから目をつぶろう。

なにせ、子ども達が愛おしい。表情が明るくてそれぞれの思いを大切に生きている。それはやっぱり島の人間にとっては宝物だし、子ども達も島の自然と人たちの心が宝物なんだよね。
あのジャーナリストにはほんとに腹立ったけど、あの人を殴ったのが川島だったこともなんだか納得がいった。そして帰る時の表情の変化も。彼が何を求めて、何を知りたくてここに来たのかが分からないけど。

でも・・・川島さん、「高原信」と初めて本名を名乗りました。この名前がどんな意味を持つのか。そして「高原」としてまた島に戻ってくることができるのか・・・来週が気になります。

でも、きっと最終回はすばらしい豊年祭ができるんだろうな、という気はしています。

第7話感想 第6話感想 第5話感想 第4話感想 第3話感想

瑠璃の島 公式HP


「あいくるしい」は、今日見たので明日かあさって感想書きます。あと、漫画の感想も書けたらと思っています。

スポンサーサイト
ドラマ・テレビ | トラックバック(5) | コメント(3)
この記事のURL
≪あいくるしい#8 今日はお出かけ≫
コメント
恋に落ちたらの記事TBお返しです

今回ガラリと島男が変貌しましたね
ようやくそれらしいドラマになって来ました
しかし、それがドラマのタイトル「恋に落ちたら」とどう結び付いて行くのか今後の展開次第ですかね
[2005/06/06 11:49] URL | tvwatcher [ 編集]
瑠璃が、川島さんのことを信頼しきって
いただけに、今後どうなるのかが注目されますよね~。
あーもうちょっとしかエメラルドグリーンが見れないよ・・・
[2005/06/06 21:32] URL | ゆきひろ [ 編集]
>tvwatcherさん

いやあ、あのタイトルはよくわかりませんよね。「ボクの成功の秘密」というのは「人をどれだけ愛せるのか」にかかっているってことなんでしょうか。それとも、「恋におちる」相手は人じゃなくて仕事とかお金も含むのかな。

>ゆきひろさん

そうそう、親友の照明さん、川島さん共に瑠璃から離れた存在になってしまうようで瑠璃が心配です。
あと2回?あの風景には和んだので、もっと見たかったですね。
[2005/06/11 16:15] URL | コマちゃん [ 編集]
コメントの投稿














コマちゃんへの秘密のコメントにする

トラックバック
トラックバックURL
http://komacafe.blog6.fc2.com/tb.php/108-d7704261
●瑠璃の島~8『親子の絆、希望の叫び』
瑠璃の島、見ました。島は豊年祭の準備で本格的に忙しくなり、女性達の手で餅作りなどが進められていたが、照明(小日向文世)の死から立ち直れない瑠璃(成海璃子)には受け入れられないでいた。そんな瑠璃に、カマドおばぁは島に伝わる『死生観』を話す。島を出ていた佳枝
ルーのビバ★ライフ(漫画イラスト発信中)[2005/06/06 01:30]
●恋におちたら~8~ヒルズの新社長
本日、2件めの記事です~恋におちたら~8~ヒルズの新社長、見ました。取締役になった島男(草薙剛)の評判はうなぎ上りだったが、妹まり子(木村佳乃)や、安藤龍太(山本耕史)、白川香織(松下奈緒)も島男の変化に戸惑いを感じていた。島男は、ネット配信プロジェク
ルーのビバ★ライフ(漫画イラスト発信中)[2005/06/06 01:30]
瑠璃の島第八話「親子の絆希望の叫び」
【あらすじ】島では豊年祭の準備が着々と進んでいる。勇造と恵の娘・貴子(純名りさ)も手伝いのため、島に帰って来た。照明(小日向文世)の死の直後にもかかわらず、何事も無かったように祭の準備に熱中する人々に瑠璃(成海璃子)は納得できない。カマドおばぁ(吉田妙子
LOVELY TELLY*TVな毎日[2005/06/06 09:02]
恋に落ちたら第8話
今週は話しが急展開しました首になった草剛さん扮する島男はロイドブラサースの鶴見辰吾さん扮する桜庭に独立の話しを切り出すそして次ぎに取った行動はフロンティアの乗っ取り堤真一さん扮する高柳社長は島男の逆襲を察知して自社株の保全を社員に命じるとともに社長自身
テレビウオッチャー[2005/06/06 11:46]
瑠璃の島8
第8話の感想。いよいよ島の里子問題という重要なテーマが出てきた。鳩海島は本土の都心から見ると、物質的には本当に何もない島だ。そんな島に、小学校存続の為、島の存続の為に、何もわからない、わけありの子を連れて来て、ひどいんじゃないかというのが、記者の言い分な
ゆきちゃんねる2[2005/06/06 21:29]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。