FC2ブログ

月別アーカイブ

  2007年07月  

             
失言ではなく本心でしょ?
[2007/07/20 23:22] 生活・自然
[麻生外相]「アルツハイマーでも分かる」 講演で発言

 麻生太郎外相が19日、富山県高岡市での講演で国内外の農産物の価格差について触れ「7万8000円と1万6000円はどっちが高いか。アルツハイマーの人でも分かる」などと発言した。

 参院選富山選挙区(改選数1)に立候補している自民現職の決起集会で、日本の農産物が高価格だとされることに対し、1俵1万6000円の日本の米が中国では7万8000円で売られているとして、「アルツハイマー」を引き合いに出した。

 決起集会には高齢の支持者もいたが、麻生外相は年金問題について「この問題は30年後の話。今払っているやつが心配するのは分かるが、おたくらは関係ないんだ」と語った。





ふざけんなっ!!

あんたら政治家に、アルツハイマーの何がわかるんだ!


新聞を開いたときに目に飛び込んできたこの記事を見て、もう政治家というのは一般人と意識が全くかけ離れていること、人としての心の痛みなんか無いんだってことを再認識したけど…

何よりどうしてこういうことを平気で言えるんだ!!

アルツハイマーという病気の悲しさ、辛さを身近に感じて嘆いている人の心をえぐり出すようなこの発言…許せない!


正直いって、もう政治家は人種が違っているとしかわたしは考えていない。

いや、同じ人間だと思いたくもない。

繰り返し繰り返し話題にされる「失言」と呼ばれている物の数々を見ても、わたしは「失言だ」とは思っていない。

彼らの「本音」がでたんだろう?

たったそれだけのことさ。

一般の人の生きている世界とは違う。
言葉に対しての重さ、痛み、与えるダメージをいつもちゃんと感じている人は、絶対に「言うことの出来るはず無い」言葉の数々が平気ででてくる…無意識に。

それは「いつも心の奥ではこう思っている」という何よりの証拠じゃないか。


「失言でした」と謝る必要はないよ、あなたたちの考え方はもうそうなんでしょう。

謝るくらいだったら、この大臣だって一回、一週間くらいアルツハイマーの人達や、それを取り巻く施設の人達、家族がどんなに嘆き悲しんでいるのか、施設に入って働いてきてみろよ!

そのくらいでも足りないくらいだよ…。この言葉の重さはね。


アルツハイマーで施設に入っている母の顔が、まぶたから消えない…。
スポンサーサイト



生活・自然 | トラックバック(0) | コメント(9)
この記事のURL